ペーパー版「海峡」の新スタイル
by grpspica
カレンダー
検索
メンバーの属性
ノリコ:弁護士
モニカ:元ピアノ教師
マサコ:シャーマン

ミクシのグールド&ナボコフコミュからお訪ね下さった皆様へ---
グールドと音楽に関するマサコの文章は、
my life with gg (グレン・グールド)
に移動中です。

ナボコフ関連のエッセイは、検索して下さると、出て来ます。

ブログの輪
musolog
AROMAISM〜アロマ主義
ややバッハ日記
☆ホメオパシ−と医学と私☆
弁護士村上秀樹のブログ
daisaku's view
津久井進の弁護士ノート
life あゆさんのブログ
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
カテゴリ
タグ
記事ランキング
最新のコメント
大手拓次を知ったのがごく..
by ゆりは at 13:43
>mariさん 「..
by grpspica at 08:40
ゆりは様 コメント..
by grpspica at 08:24
そろそろリットン調査団が..
by mari at 22:51
大手拓次さんが好きで、画..
by ゆりは at 19:37
以前の記事

by grpspica | 2005-01-13 18:10 | グループスピカ | Comments(17)
Commented by moran at 2005-01-15 11:17 x
おばあさま,完璧すぎます。私なぞ,一生のうちに1日でもそんなすごい日があれば(朝5時におきて,掃除して庭をみて・・・新聞よんで編物して・・・)もう一生分の仕事をした気持ちになってしまう。私の目下の目標は「早起き」なんです。自分に甘く,どうしても朝おきられません。。。
Commented by grpspica at 2005-01-15 20:53
完璧な方は、他人にも自分と同じ完璧さを求めてはいけませんね。ノリコ
Commented by はなこ at 2005-01-17 01:30 x
皆様こんばんわ。やった、魔の週末を乗り越えたっ。明日からまた仕事のシフトが数日夜型になりまする。うれしー。
ノリコさま紅茶にはお気に入りの銘柄やメーカーはあります?私はとにかく量が必要なので贅沢は言ってられないのです。安さ一番。安いと申せば、前にネパールに旅行した時(ヒマラヤを見に行ったの)、紅茶が1キロ100円ほどだったんですよねー。4キロ買って、はてどのくらいもったかな?でもまぁまぁしのげましたよ。比べてイギリスの紅茶は高かった。でも色んなメーカーのを飲むことが出来それはそれで嬉しかったです。えっトランクが何キロになったかは聞かないで〜。
はなこのおばあちゃんはとっても優しいですよ。迷わず大好き。
Commented by grpspica at 2005-01-17 09:25
ワタクシ的には、銘柄にはこだわりません。味には大雑把なのです。同居しているマサコは、別宅にいるモニカのタイプがまだできていないために、お返事できてないですね。モニカは10日ほどいなかった間にイランイランが枯れたようです。
Commented by grpspica at 2005-01-17 15:04
もらんさん、祖母へのコメントをありがとう。
超高級な器用貧乏と場所を得なかった人の悲惨を見た孫でした。
早起きは私の場合、夜寝る時間によって簡単にできたわよ。
7時に寝ると朝の3時にバッチリ起きて困ってしまうの。
早起きは、清々しく楽しいことだった。午前11時までに、掃除、料理、園芸が済んでしまうのは、贅沢体験。しかし「夜更かし」も楽しい。夜型と朝型のコンビは、ドロボー除けになる。
Commented by grpspica at 2005-01-17 15:06
茶飲み話  マサコ
お茶のみなので、紅茶、緑茶、コーヒーその他、ほとんどお茶療法のようにいただきます。それで、人の飲み方や文章にもこだわっていて、ニ−チェとバイロンがお茶について書いている文が気に入っています。
実は、コーヒーはグールドが亡くなってから飲み出して、それまで家族にはコーヒー飲みがいなかったので、驚かれたものでした。(グールドはダブルダブルというミルクと砂糖が多めコーヒー党)
「ほうじ茶」は近年アレルギーでアウト。麦茶も濃いのはダメ。
今は、いたずら心で「トライアングル」というフレーバーティを時々飲みます。
コーヒーは「ジャカランダ」のファン。ミルクはキスキ乳業のクリーム分の多い化学物質の少ないもののみ。日に合わせて20杯は飲んでいますでしょうか?
突然ながら「夜型と朝型のコンビ」から話を伸ばすと「料理好き、掃除下手」と「料理ベタ、きれい好き」の組合せもいい。おしゃべりと無口の名コンビは平野レミさんと和田誠さん。おしゃべりハナコとおしゃべりマサコでは、一緒にいると困るかしら。

Commented by moran at 2005-01-18 09:13 x
おととい10時にねたら朝6時半にばっちり目がさめました! やった!
朝のキーンとした空気,あけきれてない太陽久々に体験できました。昨日,親指をいためて,キーをたたくのがいたい。これ,キャップあけたりするのも困難かも。。。今,うちは中途半端な朝夜コンビ結成されています。私は夜しっかり寝たいので(といっても普通より遅くねて遅くおきる。ダンナはそれよりさらに遅く寝てさらに遅くおきる。平野レミさんの料理すき。早くておいしそう。彼女はできるだけ出来合いのものではなく,素材を買いなさいといってる。私もそのほうがいいと思いつつ,生協のカタログひろげるとほとんど出来合いものしかうってなくてがっかり。
私は今コーヒーはイタリアのエスプレッソ(直火にかけるもの)を使用。ミルクダブルダブルダブル(トリプルか?)いれて。

今朝は六時半に目だけさめたけど,親指の痛さから,自分をかばって(いいわけし)結局おきたら九時。猫イカリ心頭。(えさがほしいため)
Commented by grpspica at 2005-01-18 22:13
「家事さぼりたし」  マサコ
辰巳芳子さんは「家事の充実なしに如何なる学問や芸術も成り立たない」とおっしゃいます。「いい加減」の方が人から悪口いわれても平チャラだし、人も諦めるから倖せ人が多い。はなこさま、おばあさまとご同居ですか?
私は祖母のような人となら一緒に住みたいです。
1人で、白ミソのお雑煮を作ってたら、お餅がもたれてる。
はなちゃんの12音ラーメン、ホントよかった。ラーメン屋に駆け出して12音技法で召し上がったわ。こういう傾向の人、悪い読者なんですって。
今、ドナルド・キーンの「音楽の出会いとよろこび」読んでいます。1930年代、日本からの大量注文でシュナーベルのBPソナタ全集が実現可能の運びとなったというお話、信じられません。。我が家にはそのSPが何枚か残っているけれど、まだ持ってらっしゃる方、おられますか?
Commented by muso at 2005-01-23 12:28 x
ススムが急に"おばあさんが死んだので、明石に帰る"と言って、Canada Houseからしばらく居なくなったのは、1962だったのですか?
よく憶えているのは、出る前はたいへんなAnti-Christianだったのに帰ってきたときは、Born againみたいにChristianに 様変わりしていたこと。
Commented by grpspica at 2005-01-23 14:37
はい、そうです。クリスマス&お誕生日の10日前の事でした。
初回「Born again」だったのね。   モニカ
Commented by grpspica at 2005-01-23 14:39
To musoさま   from マサコ
Flann O'Brienの「The dalky Archive」と Muriel Sparkの「Memento Mori」はとても面白いから、ぜひお試しを。
ヴァンクーヴァーは雨降りでしょうか?同じ緑でもアイルランドのGreenとは少し違うでせうね。
ダブリンの風景が、ユリシーズやジョイスにこだわったオブライエンのお陰で私のこころに映し出されています。
風景とは見る人独自の世界にしか見えないもの?
こういう哲学系ー「Abraxas」さんのページが光っています。
http://www.amigo.ne.jp/~abraxas/
「ドーキー古文書」には、自転車哲学あり
Commented by はなこ at 2005-01-24 00:55 x
皆様こんばんわ。再び夜の仕事シフトを祝っての深夜徘徊デス。
しかしマサコさまにはあのオブライエン&スパーク巻が全くツボに入られたようで喜ばしい限りです。波長の合う合わぬが大きい作家ですもん。
今日は久しぶりにCDなども少し仕入れてみました。今聴いたとこによると1枚は完全に失敗したようです。今まで一体何枚失敗したことか‥これは数えると恐ろしいことになるので止めます。
いつも思うのだけど同じものが国内盤と輸入盤で値段が違い過ぎっ。安い輸入ものの方を探すようにしてますが、日本のCDって値段が高いですよね。そもそもこれが問題なんだな。ぷんぷん‥あらっ自分の失敗の憂さ晴らしをしている‥(笑)。
Commented by grpspica at 2005-01-24 20:10
はなこさん、深夜の徘徊ご苦労さまです。お陰でこのページも守られてます.....てなわけはないか。
CDなら、オーストラリア人のパーシー・クレンジャーのピアノと合唱曲(多くは編曲)をお薦めします。私の心にドンピシャ。シャンドスから出ているグレインジャーエディション#9をお試し下さい。
スパーク、短編を読み進んでいます。アガサ・クリスティの自伝は、はなこさん向きにピアノや歌の話も出ていますよ。
ユイスマンスの「大伽藍」の抄訳、おもしろいです。
Commented by はなこ at 2005-01-25 02:36 x
こんばんわ〜。又出て来ました。そーそー姐さんたちの深夜の守り手おはな‥(笑)。
しかしこうも趣味が共通するのは恐ろしいことです。グレンジャーは一時私もはまりましたですよ。初めて聴いたのはチャイコの「花のワルツ」のアレンジでしたっけ。どうもオリジナルの作品については評価しませんが、合唱曲は素晴らしいと思いました。こういう才能の持ち主たまにいるんですよね。才能が有り過ぎて完全に発掘するまでの持ち時間がなかったようにも思えます。
あのね、私の好きなフェインバーグのピアノで「アメリカン・ヴィルトゥオーゾ」というCDがあるのですが、ゴットシャルクとグレンジャーの曲をいっぱい弾いているの。きっとマサコさまも気に入られると思うのですがどうかしらん。MD聴けます?ならすぐ送って差し上げますのに。
このスレッド大変長くなって恐縮デス。
Commented by grpspica at 2005-01-25 21:03
ホント、長いスレッドになってしまった。でもこれはこの続きでないと話が続かないので..........続けます。
こう立続けにドンピシャが出ると、びっくりです。
今日も「アラン・フェインバーグを買わないと...」と話していたところでした。深夜の天使とは、君のことです。
昨日より「ハードボイルド・エッグ」荻原浩著・双葉社を読んで、これ、はな子さんにもピッといくのではないかと思ってます。私は、こういう人情というか情調の世界に住んでおります。スパーク、すごいです。女流ピアニストは田中希代子さんしか好きでないのですが、その気持ちに似ている思い。言葉にすれば、詩と哲学の中に永遠性+人間のありのままを精霊にしている作家。特に「The Dragon」は、好きな洋裁の話で、舞台もシュナーベルが夏を過したコモ湖。布地や手縫い、ステッチのお話も見事。さらには人間の集中力、プロ意識の極地がよく描かれてるなと感心。つまらない小競り合いもキュウンと。
ピアノでスパークと同じものを表現しているのは田中さんだと思います。 マサコ
Commented by muso at 2005-01-26 03:39 x
マサコ様、
お奨め、本とサイト、ありがとうございます。たぶん、難解で解らないのと違うかナ。
ここは、雨は日常茶飯事(こんな風に書くのかしらン)。でも今月初めに雪が何度か降りました。その後、雨季に再突入して、瞬く間に白いものは消えてしまいました。
以前は、雪が大好きで、降るとすぐ板を運んでスキーをしたものだけれど、自動車なしの生活を自らに強いて、スキーに行きにくくなり、とんとご無沙汰。
2,3日前に”三浦敬三”100歳のVideo Tapeを見てから、ちょっとWhistlerへ出かけようかナなんて気分になっています。でも滑り方をすっかり忘れているかも。
Commented by grpspica at 2005-01-26 12:20
スキーは歩くのと一緒で一度覚えたら忘れないってききましたよ。結局musoさんとご一緒に滑る機会はないようですね。ウィスラーで数日滑って「もうこれでスキーは十分」と思ったのが1996年?? 堪能しつくしたらしく、その後雪の便りをきいても心が躍らなくなりました。ノリコ
<< 5502人からの手紙   by... 子供の時(6) バースデーケー... >>