ペーパー版「海峡」の新スタイル
by grpspica
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
メンバー
ノリコ:2000年セミリタイヤしたのにまだ現役の弁護士

モニカ:元ピアノ教師 得意分野はネットを駆使しての調査
 
マサコ:シャーマン 得意分野は音楽・文学・哲学少々

mari :お絵描き芸者 先祖は猫

ミクシのグールド&ナボコフコミュからお訪ね下さった皆様へ---
グールドと音楽に関するマサコの文章は、
my life with gg (グレン・グールド)
に移動しました。

ナボコフ関連のエッセイは、検索して下さると、出て来ます。

ブログの輪
musolog
AROMAISM〜アロマ主義
ややバッハ日記
☆ホメオパシ−と医学と私☆
弁護士村上秀樹のブログ
daisaku's view
津久井進の弁護士ノート
life あゆさんのブログ
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
カテゴリ
タグ
最新のコメント
保護樹とか移植とか大イン..
by grpspica at 10:22
またまた12月15日が近..
by grpspica at 10:21
本文に追 記 しました。..
by grpspica at 12:23
維作先生からのメールを加..
by grpspica at 14:13
> t-masa0925..
by grpspica at 16:54
記事ランキング
以前の記事

by grpspica | 2005-10-18 13:09 | 命・平和・人権 | Comments(18)
Commented by musoamane at 2005-10-19 02:01
日本は、ヒドイ!
戦争遂行責任者が、靖国に入って、そのまま、神道の神様になっている。
職業軍人と職業宗教家、どっか似ているところがありそうだ。
Commented by ノリコ at 2005-10-19 09:48 x
musoさま、A級戦犯(戦争遂行責任者として戦後に処刑された人々)が、他の戦病死者と同じに祀られている点も、確かに問題です。特に被害者であった外国からみるとね。
でももっと大きな問題は靖国神社の戦争史観です。この点は、いずれまた。
Commented by grpspica at 2005-10-19 13:20
戊辰戦争 ぼしんせんそう
明治維新のさい,新政府軍と旧幕府軍の間に行われた一連の戦い。▽1868年1月の鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍はもろくも敗退。新政府軍の江戸城総攻撃はさけられたが,その後も上野に陣をしいた彰義隊や,会津・長岡を中心として,東北・越後でも激戦がつづいた。旧幕府軍の一部は,榎本武揚にひきいられ北海道の箱館(函館)に陣したが,1869年5月の五稜郭の戦いを最後に鎮定された。
ネットで検索して出てきた内容です。
Commented by 古殿です at 2005-10-20 11:54 x
靖国神社の前身が、東京招魂社であることはかなり知れ渡って来ています。
この「招魂」という言葉は、日本の伝統的仏教や神道にはない言葉です。仏教なら「成仏」、神道なら「鎮魂」でしょう。
どうもこの「招魂」は儒教の言葉で、幕末の水戸藩あたりが持ち込んだらしいです。
日本では、儒教は、政治道徳で、宗教とは理解されていません。儒教形式のお葬式に出た経験のある人は、皆無だと思います。
幕末の尊皇攘夷の志士が、仲間の志士で犠牲になった人たちを「招魂」したのが始まりらしいです。
ですから、東京招魂社は、自分の味方しか招魂しません。
白虎隊も、西南戦争の薩軍も朝敵ですから、招魂されません。
民間人も、天皇のために死んだのではないので招魂されません。
靖国信仰は、日本の伝統的宗教観と違った教義に基づいているのです。
死者を敵味方にわけるということが、日本人の心情にあっているのか、考え直さなければならないと思います。
Commented by AW at 2005-10-23 06:11 x
ノリコ様
了解しました。尊皇攘夷の話になりますと我が家も多少は関係が有るとの亡き親父の話ですので何とも言えませんが、錦の御旗で当時の政府(江戸幕府)を倒した事(クーデター)は事実です。いずれにせよアメリカの教科書では日本の天皇は敗戦後「人間宣言」をしたと書いてあります。
少なくとも天皇は象徴な訳ですから、それはそれで日本独特の文化として大切にすれば良いと思います。太平洋戦争は天皇を錦の御旗に使ったわけですが、内戦(クーデター)ではなく、世界を巻き込んだ訳です。A旧戦犯は何も天皇の為に死んだのではありません。無謀な武力によるアジア制覇に大失敗し多くの犠牲者を出しただけの事です。天皇の為に死んだのはその様に教育され赤紙で無理やり徴兵され殉死した一般兵士や一般人です。
AW
Commented by grpspica at 2005-10-23 15:13
NHK日曜討論の続きですが、ヤスクニでは、戦争に駆り立てた人と駆り出された人というふうに分けていません。そしていったん祀られたら誰もが神様になるのです(しかし祀る人を選別しているのは上記のとおり。)
それどころか、ある人は、戦争責任者も日本の独立のために命を捧げたのだと言ってました。
このように戦争の見方が基本的に異なるのです。はやりあの戦争を肯定・あるいは正当化したいという思想が、日本に脈々と生きているのですね。ノリコ
Commented by 英ちゃん at 2005-10-26 23:33 x
靖国問題で海外に文句jを言われることはないと比較的単純に考えていましたが、いろいろ背景・問題があるのですね。しかし、日本にも問題はあるけど、中国・韓国はもっと深刻な問題があると思います。
Commented by ノリコ at 2005-10-27 09:35 x
英さま、コメントありがとう。ヤスクニについては、もっと書きたいのですが、書くからには正確な出典を調べなければならないし、その時間がなかなかとれなくて。私の思うに、あそこの戦争感は、「日本がしたくてしたのじゃない。先進列国からいじめられて、やむを得ず戦争したのであり、しかもそれは抑圧されていたアジアの人々の解放のためでもあった」といところにあると思います。日本人として親や祖父の世代の人々が、誤った道を選んだのであり、かつ多くのひとに迷惑(命や財産を奪うという)をかけたのだと認めることは嫌な作業かもしれません。でもそいれが事実であれば、受け入れなければいけませんよね。無論何もないのに日本が戦争をしかけたと言っているのではなく、戦争以外の道があったのに、敢えて戦争を選んだことが間違いだったのです。
そしてなんと最近、「9条2項を削除して、集団的安全保障ができるようにしよう」と阿部さんが言ったとか。もっともラジオ深夜便で聞いたので、ひょっとするとそれは夢だったのかもしれない。日本が「戦争の出来る普通の国」に、なるかならないかの分かれ道が目の前ですね。
Commented by grpspica at 2005-10-27 10:43
つづきです。中国・朝鮮がそれぞれの問題を抱えているとのご指摘もあたっているでしょう。私自身は、他国のことゆえ、くわしくは知りませんが。英さまは、どのような点を念頭においておられるのでしょうか?
Commented by マサコ at 2005-10-27 18:03 x
英さま。中国や韓国はもっと深刻な問題があるって具体的には、どういうことですか?
日本がこれ程までにアメリカに弱いのは(私も含めて)英語が出来ないからでしょう。
AWさま。アメリカはなぜ敗戦国の日本に英語教育を導入しなかたのでしょうか?主な理由が思い浮かんだら教えて下さい。「コストがかかり過ぎるから」という意見を聞いたことがあります。
憲法9条を英文で丸暗記する力が日本人には必要だったのかも!田畑仕事、料理、語学の力がない国は滅びるでしょう.....。お金は、この3要素に変わるものではありません。
Commented by 英ちゃん at 2005-10-29 11:02 x
予想通り「中国や韓国はもっと深刻な問題があると思います」と書いたことは、問題発言だったようですね。実はよく勉強しているわけではなく、感覚として記載したものです。根拠も無いことを記載するなというお叱りをうけるとすると、それはそのとおりだと思いますので、投稿を控えるようにしたいと思います。中国に出張に行った人から、中国は貧富の差が激しい、特に内陸部は貧しく教育も十分に受けられない人がいると聞きました。中国は論語など世界的に素晴らしい文化・思想を生み出した国ですが、そのような思想を実践している人は少ないのではないでしょうか(これも想像の中です)。国内の矛盾を表面化したくないので、国民の批判を国外にかわそうとしているという穿った見方もできると思います。(以下続く)
Commented by 英ちゃん at 2005-10-29 11:03 x
(続き)そのようなことを漠然と感じていたので、あのような表現をしたのです。韓国についてはもっと知識不足なのでコメントを控えます。いずれにしても外国の問題点を指摘しても何ら自分の成長にはつながらないので、前回の表現は撤回します。しかし、日本に問題が多いのは事実としても、また、日本の将来に希望を見出させてくれる素晴らしい政治家がいない(or少ない)のが事実としても、ほぼ自由に発言できる、政府を批判する自由がある・・・と言うのは素晴らしいことだと思っています。
Commented by マサコ at 2005-10-30 14:41 x
コメントありがとうございました。今の所はまだ政府の弾圧は少ないですね。
どこにももっと深刻な問題があるのですよね。
例えば、一食作るのに、買い物から、片づけまで入れて4時間かかる。とする。年に600食作ると2400時間。時給500〜1000円年間120万〜240万円の賃金です。1年に2400時間は日にするとなんと100日。100日丸ごとといえば3ヶ月以上。3ヶ月といえば1年の1/4の月日。どう思われますか! 家庭料理人は、その事態を理解されない。ストライキを起こしませう。
Commented by ノリコ at 2005-10-30 16:17 x
英さま。いえいえ、問題発言などとは思っていませんよ。「どうしてそう思うったのかな」ってことが知りたかっただけ。で、お答えでその中味がわかりました。日本への苦言は国内の不満分子の矛先を政府に向けさせないためだという見解があることは知っています。ある面ではそうかもしれません。対日発言や対応が、自国向けと日本向けで異なるのは、理解できます。世の政治家は自国では票をとらないといけないし、かといって相手国のことも考えねばならず、それなりにしんどい仕事ですね。
日本に誇れることはいくらでもあります。普通教育であれば受けたい人は全員受けられるシステム、それなりの医療が国民皆保険制度によってほとんどの人が受けられるシステムなどもそうですね。
でも「日本ではなんでも言える」のは今だけのことで、例えば共謀罪などの悪法が通ればそうは言っていられなくなりますよ。
Commented by grpspica at 2005-10-30 16:29
それからこのブログへの投稿は原則として内容による規制はしません。「これは困る」というコメントを削除する権利は開設者として持っていますが、それは個人や団体を誹謗する内容であったり、真面目に対話しようとするのではなく、単に議論をふっかけているだけであったりする場合です。そもそも「海峡」は、人が何を考えているか知りたいという発想から生まれたもの。異論反論は大歓迎なのです。
Commented by AW at 2005-10-31 07:20 x
ノリコ様
戦後の日本国形成の主はご存知の通りマッカーサーです。彼は日本、アメリカ両国で大変誤解されています。私は実は彼が好きです。日本に英語教育を強要しなかったのは「敗戦国を戦勝国が完全に支配下に置き、統治を行うことは近代国家の時代に入ってからはなかった」とマッカーサーは回顧録で言っているように彼の意思です。

彼は太平洋戦争が日本の自衛戦争であったと認めていますし、日本の民主主義の非成熟さが戦争をもたらしたとも述べ、日本を愛し大変理解していました。何よりも日本の非武装化を支持した訳で今の平和憲法(憲法9条)の根幹がそこにあります。一般的には朝鮮戦争で、対日政策と正反対の路線を取り、且つ中国に核を使うべきと進言した事でトルーマン(民主党)の逆鱗に触れ更迭されたとなっていますが、アメリカ国内では日本の非武装化には当時大変反対であった記述があります。朝鮮戦争で日本軍を使うべきだと言う意見が多かったのです。それを認めなかった事が彼の更迭の大きな原因となったと思っています。
私が民主党より共和党が好きなのはマッカーサーによる為かもしれません。
AW
Commented by grpspica at 2005-10-31 20:12
AWさま。マッカーサーのことはほとんど知りません。あの天皇と並んでる有名な写真以外には。その彼の立場についてのお話面白く拝見しました。どちらもで誤解されているとは気の毒なこと。
でも太平洋戦争であれなんであれ、戦争をするときに侵略戦争であると公言する国はないのでは? アメリカのイラク戦争だって自衛だというのですから。武力による解決が21世紀に生きる人間が選ぶ道か、ということなのです。誰が求めたにしろ、我らが日本国憲法はその点で、時代をリードする発想に基づいています。
ところでAW様はアメリカの選挙権をお持ちなのですか?
私の好きなTVは ER と The White House と CSI と、どういうわけか全部アメリカ物です。
sama.
Commented by AW at 2005-11-01 10:36 x
無論私はアメリカ人になる気は全く有りません。良く意見を求められます。アメリカの強い所は私のような外国人にも対しても意見を求め謙虚に聞く耳を持つ所かもしれません。

無論侵略戦争であっても侵略とは言いません。が、マッカーサーが太平洋戦争が日本の自衛戦争であると言った意義は大きいと思っています。詰まり彼は日本をかばった訳です。日本には素晴らしい国になって欲しかったのです。彼もフィリピンでは財界と組んで金儲けをし、アメリカ大統領選出馬でその資金を使い果たし、結局予備選で負けましたが、頭の良い優れた人で、少なくとも日本に対しては大変友好的であったと思っています。
AW
<< ア・ラ・カルト by マサコ ニーチェさん、ごめんなさい  ... >>