ペーパー版「海峡」の新スタイル
by grpspica
カレンダー
検索
メンバーの属性
ノリコ:弁護士
モニカ:元ピアノ教師
マサコ:シャーマン

ミクシのグールド&ナボコフコミュからお訪ね下さった皆様へ---
グールドと音楽に関するマサコの文章は、
my life with gg (グレン・グールド)
に移動中です。

ナボコフ関連のエッセイは、検索して下さると、出て来ます。

ブログの輪
musolog
AROMAISM〜アロマ主義
ややバッハ日記
☆ホメオパシ−と医学と私☆
弁護士村上秀樹のブログ
daisaku's view
津久井進の弁護士ノート
life あゆさんのブログ
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
カテゴリ
タグ
記事ランキング
最新のコメント
もう一つこの記事に関連し..
by grpspica at 00:12
私は「日ノ本幼稚園」に通..
by mhara21 at 08:52
室井水無月さま はじめ..
by mari at 07:37
そもそも国民の約80%が..
by 室井水無月 at 14:53
>mariさん 今..
by grpspica at 14:52
以前の記事

***************************
by grpspica | 2016-11-05 00:00 | グループスピカ | Comments(0)
2016年 11月 04日

呉 志剛先生に包まれて byマサコ

a0019212_1327473.jpg


台湾に行く事を考えて、中国語をやらないとと思いつつ、
結局、ハングルに没頭してしまった。
案の定、台湾には行く機会があり、訪韓は益々遠のいている。

今秋、以前通りがかりに聞いた呉 志剛先生の講座が始まった。
聞く事ができなかった以前の講座だが、その四声教授の素晴らしさから
その時のカセットとテキストは全部買ってある。
今回、新講座を聴き始め、的確・適切・有能な指導ぶりに毎回驚いている。

何が楽しいって、いつもピアノの音の事を思い出してしまうのが嬉しい。
組み合わせによる発音変化。
高低だけでなく、リズム、バランス、登り圧のかけ方、下行のリラックスなど
音の関係で生じる新たな要素の説明があると、
ピアノの名手の技術・論理と相まって、ますます興味深くなる。

いろいろな形の四声が、ミミズの運動のように表記されているテキスト。
口がお習字の筆となり、声で字を書く気迫が要求されるようだ。
真似をしていると、突如、脳天を突く音色。
頭蓋骨に溜まっている埃が、さーっと落ちるような感覚に捉われる。

日本語や英語にない新しい音の刺激。
呉先生の発音、発声に耳を澄ませば、魔法のように中国に飛んで行ける。



***************************

頂いたコメントにお返事させていただきました。
「呉 志剛先生へ byマサコ」 へ 
http://kaikyou.exblog.jp/23429701/



***************************
by grpspica | 2016-11-04 13:27 | グループスピカ | Comments(2)
2016年 10月 31日

東京競馬場花火大会フィナーレ in 2016 byモニカ

素晴らしい花火大会のビデオが紹介されたのを観た。
ちょっと時期外れかもしれないけれど、いつでも見られるようにここにアップ。
東京競馬場花火大会フィナーレ in 2016.
昨年よりヴァージョンアップされているらしい。



youtubeで見てみたら、他の年のも出ていたので一緒にアップします。

2014年全編38分


2013年グランドフィナーレ4分26秒


2012年グランドフィナーレ4分31秒


2010年グランドフィナーレ3分59秒


2015年やけくそフィナーレ(ちょっとびっくりのタイトルですね)







***************
by grpspica | 2016-10-31 17:37 | グループスピカ | Comments(0)
2016年 10月 28日

住居侵入@お向かい byモニカ

a0019212_20405214.jpg


昨年11月、台湾旅行中に我が庭に万引き犯に不法侵入されたことがあった。
  台湾旅行@カラパイ2日目
  留守中の事件 byモニカ

以来、戸締りには気をつけていたが、今度はお向かいの空き家に人が不法侵入。
T-FALやペットボトルの水、トイレットペーパや掃除道具...etcを運び込んでいたという。
お隣に住むこの空き家の持ち主が7月に風を通した時には何もなかったそうだし、
暑い盛りに窓を閉め切ってはいられないだろうから、
涼しくなった最近のことではないかと思うけれど、気味が悪い。

昨年の台湾旅行中の事件以来、家全体はもちろんの事、
特に道路に面した納屋のドアの戸締りには気をつけていた。
だって、その空き家の玄関は我が家の納屋ドアの真向かいにあるのだから。

まあ、生活臭のある家にはそういう人は入ってこないだろうけれど、
様子見をされているかと思うと物騒な感じだ。

布団までは持ち込まれていないので、
家の面白くない人が、ほっと一人になりたくて見つけた空間だったのか。。。

芳香剤とか、ヘアーケア用品や、食べかけのチョコレートまであり、
きっと女性だ........。

いや、元栓を閉めただけの水道とブレーカーを落としただけの電気をみつけ、
使えるようにできるなんて、男性にちがいない......
(契約していないので両方とも無料で使いたい放題とのこと)

いろいろな想像が飛び交う。

秋のミステリー。。。。

作家なら、ここからどんなストーリーを作り出すかしらと考える。

でも想像の世界に埋没して、戸締りを忘れることがないようにしなければ。。

a0019212_20411650.jpg


写真 今年は綺麗に色が入った紫陽花たち。この紫陽花の前がこの話のお宅。
   明日は納屋のドアから見たお宅を写してみよう。









****************************
by grpspica | 2016-10-28 20:42 | グループスピカ | Comments(0)