ペーパー版「海峡」の新スタイル
by grpspica
カレンダー
検索
メンバーの属性
ノリコ:弁護士
モニカ:元ピアノ教師
マサコ:シャーマン

ミクシのグールド&ナボコフコミュからお訪ね下さった皆様へ---
グールドと音楽に関するマサコの文章は、
my life with gg (グレン・グールド)
に移動中です。

ナボコフ関連のエッセイは、検索して下さると、出て来ます。

ブログの輪
musolog
AROMAISM〜アロマ主義
ややバッハ日記
☆ホメオパシ−と医学と私☆
弁護士村上秀樹のブログ
daisaku's view
津久井進の弁護士ノート
life あゆさんのブログ
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
カテゴリ
タグ
記事ランキング
最新のコメント
私は「日ノ本幼稚園」に通..
by mhara21 at 08:52
室井水無月さま はじめ..
by mari at 07:37
そもそも国民の約80%が..
by 室井水無月 at 14:53
>mariさん 今..
by grpspica at 14:52
> マサコさん  ..
by mari at 14:48
以前の記事

by grpspica | 2005-02-28 19:27 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 02月 28日

憲法9条Q&A 4  byノリコ

質問8
むしろ、日本も相手の攻撃に対する抑止力として、先制攻撃や核武装を考える時期ではないですか?

回答8
 もし、相手の国が攻めてきそうだからといって、先制攻撃をこちらからするという選択肢を持つことになると、どうしても早め早めに攻撃することになります。結局、戦争をこちらが仕掛けるのと同じになるでしょう。またも、日本が侵略国になるのです。自衛の名の下に、イラクに攻め込んで泥沼化している米国らがいい例です。

 先制攻撃をなしうる体制になれば、相手との緊張は極限まで高まり、不要な武力紛争が起こる可能性が極めて高くなるでしょう。
 自衛のための核兵器の使用は考えられません。他国から攻めてきた軍隊に国境付近で核兵器を使用すれば、日本国民も被爆の苦しみにまたも60年以上さいなまれることになるのです。核兵器は攻撃兵器です。しかも自分に跳ね返ってくる兵器なのです。

 また、先制攻撃に使用することは、日本人が人間性を失うことです。自国でなければあの広島・長崎の悲劇を味あわせてもいいと思いますか?それが国際人道にのっとったやりかたでしょうか?
 国際社会で生きていくことは出来なくなるでしょう。いずれにしても、放射性物質は気流で日本列島を襲い、黒い雨が日本にも降りますよ。健康被害を考えてください。

質問9
イラクや北朝鮮のような独裁国家では国民が苦しめられています。餓死者、拉致、人権抑圧などを日常的に繰り返しているこのような国を見過ごしにしていいのですか?独裁国家の国民を解放する「正義の戦争」もあるのではないですか?

回答9
 戦争によって問題が解決しているでしょうか?イラクでも、今回の戦争で10万人以上の国民が亡くなっているという報告があります。イラクの国民自身がこのような悲惨な結果を望んでいたとは思えません。

 国の行く末をどうするか決めるのは、その国民です。それが、国民主権や民族独立の原則という、国際社会で広く認められたルールです。独裁国家でも、その国家のあり方を変えるのはその国の国民であるべきです。他国の軍隊が侵略し戦争をして独裁者を倒しても、あとに残るのは、憎しみと破壊だけです。

 我々、他国の国民がすべきことは、他の民主主義国家と協力して、独裁国家と呼ばれる国家の国民が本当に望む改革を側面から支援することでしょう。あくまでも、主役はその国の国民であることを忘れてはならないと思います。まして、武力を行使することは、新たな大きな問題を多数作ることにしかなりません。






by grpspica | 2005-02-28 19:23 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 02月 28日

憲法9条Q&A 3 byノリコ

質問6
中国や韓国とは国境問題を抱えています。国境問題だけでなく、エネルギー問題に関わる尖閣諸島や漁業権の問題に関わる竹島の問題はどう解決するのですか。相手の国が先に軍隊で占領してしまったら、取られてしまうのではないですか?

回答6
 でも、現に、どの国も軍隊を出して占領してしまうようなことは過去にしていませんよね。
どの国も平和のうちに解決したいとは望んでいるのです。外交の中で、有限な資源を共同開発していく話し合いが必要でしょう。

 国境の問題、どちらの領土かという問題は、当事者両国が同意すれば、国連の主要機関である国際司法裁判所で扱うことが出来ます。過去にもいくつかの国境紛争が国際司法裁判所で解決されています。

 日本も周囲の国と話し合い、国際司法裁判所でお互いの主張を述べ、この裁判所の判断に従うというルール作りをしていくべきでしょう。

質問7
北朝鮮が核兵器の保有宣言をしました。なのに、日本は軍隊を捨てるという選択でいいのですか?

回答7
 北朝鮮の核兵器保有宣言は、国際社会の平和に対する大きな挑戦ですから、これ自体は許されるべきではありません。
 しかし、本当にすでに核兵器を保有しているかどうかは、専門家の間でも、意見が分かれています。米国内もまだどちらとも判断がつきかねているようです。

 核兵器が北朝鮮だけではなく、イスラエル、インド・パキスタンやイスラエル、これからはイランなどに拡散しており、拡散しつつある問題は、そもそも、核五大国だけが核兵器を持てるという核拡散防止条約(NPT条約)の不平等性にあります。
 この条約には、核保有国が核軍縮のために誠実に努力をしなければならないという約束も明記されていますが、アメリカ、ロシアをはじめとする核大国はこの約束を守ってきませんでした。

 自国が核兵器を保有しているのに他国には持つなという議論は説得力を持ちません。また、アメリカの核の傘の下にいる日本が他国に核を持つなというのも無理な話でしょう。

 北朝鮮はロシア、中国、アメリカという核大国に囲まれています。貴方と同じ、核兵器で核兵器を抑止するという発想に立って、核兵器保持を宣言したのです。
 北朝鮮に核兵器保持を断念させるためには、北東アジア全体を非核地帯にすること、全世界で、核兵器を廃絶する条約を締結することが必要です。

 現在、広島・長崎両市長を中心とする多くのNGOが、2010年のNPT条約再検討会議での核兵器禁止条約締結、2020年の核兵器全廃を目指して活動しています。日本も、他国への派兵より、「唯一の被爆国」としてこのような動きの先頭に立つべきでしょう。







by grpspica | 2005-02-28 19:19 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 02月 28日

憲法9条Q&A 2 byノリコ

質問4
なぜ、軍隊を持つのは良くないことなのですか?

回答4
①まず、他国への侵略の危険です。
 自衛の名の下に他国を攻めてしまう可能性があること。米国のイラク戦争がその典型ですね。

②軍隊は人を殺すための集団です。
 さらに、軍隊は人殺しをする専門集団なので、中にいる軍人の非人間性を招き、人権侵害を起こすこと。これは国内でも国外でもあります。
 たとえば、中国の天安門事件や韓国の光州事件では、自国の軍隊により、多くの国民が亡くなりました。イラクでも、英国も米国も捕虜を虐待していることが判明しています。

③軍隊・武器にはお金がかかります。
 たとえば、日本の軍事費は年間5兆円で、一年間の予算の10%になります。
 このたび導入されようとしているミサイル防衛網は北朝鮮がミサイルを発射したとして10分で日本に到達するので、役に立たないといわれていますが、総額1兆円の費用はくだらないといわれています。
 アメリカは核兵器の維持だけで、年間4000億ドル、日本の国家予算に匹敵する資源を浪費しています。

 これらのお金が、日本国内の教育や雇用・景気対策にまわされたら、世界の貧しい人々の健康と安全に使うことが出来たら、どんなに世界が平和で明るくなるでしょうか?
軍事費は世界の平和の役には立たないのです。


質問5
それでも、日本の周りには、北朝鮮や中国のように、日本に反感を持っている強大な軍事力を持っている国がいるので、日本が軍隊を持たない、武器を捨てることはあまりにも危険ではないですか?どうやって、日本の安全を守るのですか?

回答5
 二人の人間が拳銃を握り締めて向かい合っている状態がどれだけ危険が想像できますよね。国と国とが国境をはさんで軍隊を持っているのも同じ状態です。

 安全のためにこそ、互いに話し合いながら、拳銃・武器を手放していくべきでしょう。
もちろん、軍備縮小は段階を追って行われていくことになります。

 その中で、人間の交流=人的交流、貿易・援助などの交流=物的交流、互いの国民性・風土の理解=文化交流に努め、それらを基礎とする平和外交が同時にすすめられなければなりません。

 国土の場所をお互いに移動させることは出来ません。周囲の国と永久に共存していくためには、軍隊のない国を目指すのが一番なのです。







by grpspica | 2005-02-28 19:15 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 02月 28日

憲法9条Q & A 1 byノリコ

遅まきながら2005年2月に結成された私の所属する9条の会では
憲法9条110番を実施することになりました。毎月9の日に電話による質問に応じるそうです。毎月ですよ。信じられないなぁ。
で、いま、作成中の想定問答集の中の一部をご紹介します。
質問や感想をコメントに書いて下されば、9条の会に取り次ぎます。 ノリコ

問1
世界には実際に軍隊を持っていない国があるのですか?

回答2
 中米のコスタリカは、1949年の内戦を反省し、以来軍隊を持っていません。小機関銃や哨戒艇などだけを持つ、国境警備隊しかないのです。

質問2
コスタリカはどうやって国を守っているのですか?

回答2
 コスタリカはグアテマラ、ニカラグア、エルサドバドルなど、多数の紛争頻発国に囲まれています。
しかし、
①平和教育の徹底
②周囲の諸国からの積極的な難民受け入れ
③難民まで含めた医療費・教育費無料など手厚い教育・福祉政策
④コスタリカに置かれる米州人権裁判所など、積極的な調停・平和外交で、周囲の諸国から信 頼が厚く、攻撃を受ける可能性を全くなくしています。
 このことで、アリアス コスタリカ大統領はノーベル平和賞を受賞しています。

質問3
日本とコスタリカでは日本のほうが豊かなので周囲の国は攻めたくなるのではないですか?

回答3
 確かに日本のほうがコスタリカよりはるかに経済的規模の大きな国です。
周囲の国がここから利益を得ようとすれば、世界から非難される侵略よりも貿易・ODAなどを選ぶはずです。
 侵略で日本を占領しても、大切なライフラインは破壊されますし、肝心な優秀な日本人の協力も得られません。
 現に、核保有国である中国も、軍事的にではなく、日本との経済的な協力の道を選んでいます。






by grpspica | 2005-02-28 13:55 | 命・平和・人権 | Comments(0)