ペーパー版「海峡」の新スタイル
by grpspica
カレンダー
検索
メンバーの属性
ノリコ:弁護士
モニカ:元ピアノ教師
マサコ:シャーマン

ミクシのグールド&ナボコフコミュからお訪ね下さった皆様へ---
グールドと音楽に関するマサコの文章は、
my life with gg (グレン・グールド)
に移動中です。

ナボコフ関連のエッセイは、検索して下さると、出て来ます。

ブログの輪
musolog
AROMAISM〜アロマ主義
ややバッハ日記
☆ホメオパシ−と医学と私☆
弁護士村上秀樹のブログ
daisaku's view
津久井進の弁護士ノート
life あゆさんのブログ
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
カテゴリ
タグ
記事ランキング
最新のコメント
>mariさん  ..
by grpspica at 19:04
電話しました。  放送..
by grpspica at 17:23
コメントをくださった方へ..
by grpspica at 07:24
この詩が読まれていて嬉し..
by grpspica at 07:20
この日は、1888年12..
by Masako at 11:03
以前の記事

by grpspica | 2005-04-28 10:15 | グループスピカ | Comments(9)
2005年 04月 24日

ナボコフの誕生日 by マサコ

a0019212_12445684.jpg


Vladeimir Nabokov 1899.4.23~1977.7.8

今日(4月23日)はナボコフのお誕生日です。
シェークスピアのと同じだとか。
何か特別な事をしたいと思っても、うっかりピアノは弾けない。彼はピアノ嫌いだから。
かといってロシア語の歌も歌えない。(余計に悪い)

そしたら身分不相応なレストランへのご招待をナボコフがアレンジしてくれたのです。
ラパンというお店。
ここのアペタイザ-は、幼き日の砂遊び、お母さんごっこの台所仕事を思い出します。
砂で作ったごちそうを小さな葉っぱやビンのフタに次々に盛り付け、友人と食べるフリをするのです。幼き日は、こんなおいしいものを夢見て、オシャマに作っていたのでしょう。

人の心を全く傷ついていない昔に一瞬にして戻す作業は、人間の仕事の中でも貴いもののひとつだと思います。
その例のひとつが「母さんの子守り歌」を思い出すこと、これも最高!

ナボコフは理想の男性です。(と言っても最近は、アメリカ文学のアップダイクに没頭しておりますが。)
苦労と共に各国を渡り歩いたナボコフの波乱の生涯が、20才までのロシアでの「幸せな子供時代」に支えられているのはいうまでもありません。
そして「終り良ければ全てよし」の生活をスイスのモントルゥ-で送ります。

私はナボコフの霊に一度も逢っていませんが、それでも不思議に思う事があります。
晩年の大作「アーダ」を読んだら、我が家にはめずらしいクム産の絹の絨毯2枚を手に入れる事が出来ました。その上に乗ると、なぜかナボコフから贈られた気がしたものです。

空飛ぶナボコフの時間空間。
あなたもこの春、お試しになってはいかがでしょう。






by grpspica | 2005-04-24 12:27 | Happy Birthday | Comments(3)
2005年 04月 21日

マサコと帽子  by マサコ

昔からの帽子好き。日光と電磁波の過敏症になって、益々必需品となりました。
きょうは、帽子を巡る色々な経験を。

家の中では毛糸の帽子、ちょっとゴミ捨てに行く時はその上に「サンバイザー」を乗せる。私を見た子連れの母親は、腰が抜けたようにびっくりした顔。そんなに珍しい事をしているのかしら? 

外出時に小さめの帽子を被って、更にひさしの大きい帽子を被る。
外からは確かに帽子を2つ被っているのがわかる。
初めての人々の目の形、心の奥がびんびんと響く。
「どうして、帽子を2つ被っているの?」と聞く人はいない。
 あーれ、チトイカレているようね
 危ない、危ない。(子供を)下手に近づかせては大変。
 何よ、この人!
 一体、どーゆー人? キ印ね。

人が、見た目、外見で、内容を推し量り、他人に対する態度を決めるなんて、この年になるまで経験した事がなかった。

そして全く思いもかけない記憶が蘇った。
昔、父の購読していた「リーダースダイジェスト」に、衝撃的な記事が載った。
若く美しい女性が、ヨレヨレのおばあさんに変装して、街を歩く。
薬局で、目が見えない振りをして、薬の事を薬剤師に聞こうとすると、どんなに冷たく邪険にされるか。彼女が生来のままの姿で同じ薬局に行くと、同じ人(男性)がチヤホヤ必要のない親切までしてくれるというのだ。同一人物かと思う程接し方が違うそうである。

私は、見事な変装とレポーターの天性の美貌にびっくりしながら記事を読んだ。そして子供ながらに、幼い頃、王様が乞食の恰好をして「家に泊めて下さい」と村を歩き、誰が本当に親切な人が見分けたお話を思い出していた。

その記事を思い出していたら、2005年4月20日の神戸新聞に
 「高齢者の視点で商品開発」未来の自分へ思いやりを
の見出しで、よく似た話が載った。

パット・ムーアさん。
工業デサイナーの彼女は、26才であった1980年から3年間、老女に変装した体験を本にした。高齢者である彼女への人々の仕打ちが、いかにひどかったことか。高齢者が生きにくい社会であることへの実体験から、高齢者にやさしい、栓抜き、ハサミ、ザルなどのユニバーサル製品を生んだそうだ。

パトリシア(略称パット或はパティ)、もまた美貌の持ち主だ。あなたはその美しさゆえに、日々人々から疎まれる役も演じる事ができたのでしょう。乞食は王様にはなれず、年老いた人は若くなれない。その聡明な知性を、他の人々の幸せのために働かせた女性のひとりである。

でもどうしても40年前にリーダイで読んだ記事が引っかかる。
1980年に26才ということは・・・1954年生まれだからマサコのふたつ下。
マサコが少女のころに読んだのだから、彼女がそんなことができたはずがない。

そこで考えられることは・・・

1,マサコの記憶違いで、読んだのは80年以降である。
でも80年なら、母が亡くなった年であり、81年からカナダに行ったから、そんな時期にリーダイを読んだとは思わない。そもそもあの本は、72年に父が亡くなって、しばらくして買わなくなった筈だ。
2,同じ事をした人が他にもいる。
3,彼女が年齢を偽っているといって悪ければ、彼女の年齢が間違っている。
皆様はどう思われますか?

 ★パティさんの本 「私は3年間老人だった」(朝日出版社)
a0019212_1240439.jpg






by grpspica | 2005-04-21 20:00 | グループスピカ | Comments(4)
2005年 04月 21日

ケンポー9条 by マサコ

古殿さま 

貴重なお話をありがとうございました。
鹿児島は父の故郷です(といっても彼は住んだ事はありません)。
街に愛着を覚えます。
「平和の貴さ」を憲法9条がずっと守っていてくれたはずが、なし崩し的に、山の土が流されている感じです。敗戦後の日本人には、9条を作るセンスが元々なかったのかもしれません。

 「いつまでもあると思うな平和と人権」「ないと思うな戦争と人災」
「慰安婦」の文字も教科書から消え、NHKの改ざん問題を報じる新聞はほとんどないようです。

電波や化学食品兵器に犯される私の健康は、また質の違った戦争、「ハイテク戦争」といえる気がします。攻撃を受けると家でフトンを被って籠っているしかない。

どうぞもっと知っておられる戦争の話を聞かせて下さい。  マサコ






by grpspica | 2005-04-21 19:57 | グループスピカ | Comments(3)
2005年 04月 18日

かかりたい医者 byマサコ

・柳澤桂子さんの本を読んでいるか、3冊は持っている。 
・夫人が医院をきちんと掃除する。
・本人か家族が、野菜や花を作っている。
・個人的に話す時には音楽の話が出る。例えば「グールドはいやだねぇ」とか
・夫人や娘がブランド商品を持っていない。 
・患者1人1人に読んだらピッタシの本を紹介出来る。
・医療エッセイ(医療に対して感じたり考えている事)が書ける。
  (夢、綴り方であってはならない)
・カネとコネで子供を医者や歯医者にしようとしない。

ハハハ、こんな医者は、きっと6月32日生まれで、別の星になら生まれているかも!






by grpspica | 2005-04-18 00:47 | グループスピカ | Comments(2)
2005年 04月 17日

イランイランの新芽  by モニカ

a0019212_2181119.jpg


年明けそうそう10日程留守にし、1月13日に帰宅してみると
昨年あんなにきれいな花を咲かせてくれたイランランがダウンしていた。
南国の樹なので出かける間際までヒーターをどうするか考え込んでいたが、
最終的にスイッチをオフにしたためだ。
最後の2、3日の冷え込みがよくなかったようで、葉っぱはまだまだ蒼かった。

でも1日1日葉が枯れ落ちて、最後は丸裸。
18℃に設定したヒーターは24時間付けっぱなしで、
忘れる日もあったが心して声がけをしていた。

そんな棒状の樹に1、2ミリの新芽がついた。
嬉しくて心配していて下さったもらんさんに報告。
彼女のネットショップのチラシには私が送ったイランイランの花が使われていて、
大切に思っていてくださったのだ。
するとそれを記念して、こんなプレゼントをいただいた。
http://mtaof.mamegura.net/archives/2005/04/post_108.html

さて、今からどうなって行くか、毎日見守っています。
でもここ2日、芽が大きくなっていないような、
おまけに先が少し茶色くなっているような.........状態。

イランイランの育て方なんて、ネットどこ見てもないんですよ。
まあ、暖かくなれば、それだけでも生き延びるチャンスが増してくると信じて......。
写真はまだアップの技術が習得できていないので、取り敢えず文章のみ。

元気なころのイランイランを見たい方は

  イランイランですよ byモニカ


その後のイランイラン日記です。

  イランイランとランタナ  by モニカ

  カナダいくら・鎌倉かりん・イランイラン byモニカ






by grpspica | 2005-04-17 22:18 | グループスピカ | Comments(2)
2005年 04月 16日

ミニ・スパーク考   by マサコ

a0019212_12374049.jpg


金曜日は「趣味の園芸Q&A」があるのですが、思いきって近くでやっている、モニカたちが始めて10数年になるピアノのメソッド研究会に、初めてお邪魔しました。ミュリエル・スパークの「黒眼鏡」さながらの眼鏡をかけて。 スパークの丸薬は一度飲むとそのサイケな効き目が、体のあちこちにまわり込むのです。研究会会場ではいつもの自分と違い、私は完全なスパーク世界の人形でした。それを楽しんですらいたのです。
 人生を色なしの万華鏡のように感じる癖をスパーク丸薬からもらったとでもいうのでせうか?
 その内、舞って歩けて、もう足はいらなくなるかも。 人間をさり気なく、こんなに怖く書けるタッチは、まるでマニュキア用のヤスリで心を磨かれるよう。読後は登場人物と一緒に暮らしているかのような錯角。

(註)ミュリエル・スパーク 1918年スコットランドのエジンバラ生まれ。本名 Muriel Sarah Camberg Spark Stanford。同地で教育を受けた後、8年近くをアフリカで過ごす。戦後、創作活動に入る。不気味なユーモアに満ちた作品で、ミステリ畑の作家ではないが、いくつかのミステリ的な作品がある。『ポートベロー通り』[教養文庫]など。(海外ミステリ簡易データベース ミスダスより)





by grpspica | 2005-04-16 23:04 | グループスピカ | Comments(1)
2005年 04月 11日

鹿児島のいたましい中学生の犠牲 by 古殿 宣敬

 鹿児島市武岡は、私の子供の頃の、探検場所でした。
武岡や、城山には、防空壕があるのを、私らは知っていました。
小学生頃の昭和30年代は、まだ引揚者などが住んでいたのを覚えています。

 私は、怖くて防空壕の中に入ったことはありませんでしたが、山中で火遊びをして、山火事を起こしたことがありました。なつかしい思い出です。
 鹿児島に防空壕が多いのは、本土決戦のために、日本軍がたくさん掘ったためです。
終戦の頃の日本軍には、本格的陣地を構築するための、コンクリートや、鉄骨はもうありませんでした。
 日本軍は、防空壕に籠もって、銃剣突撃の機会を狙っていたのでしょう。軍は、国民のために、防空壕を掘ったのではありません。
 私の母なんか、「終戦の頃の兵隊さんは、防空壕堀ばっかり、しちょったど」と言っていました。

 米軍が上陸して、本土決戦になったら、防空壕は軍だけが使い、国民が入ろうとしたら、追い出していたでしょう。あるいは、壕の中で子供が泣いたら殺されていたかもしれません。沖縄戦の悲劇が、何倍の規模で起こっていたかもしれません。

 そう考えれば、この中学生たちは、戦争被害者と言うことができます。





by grpspica | 2005-04-11 12:54 | 命・平和・人権 | Comments(12)
2005年 04月 11日

私の場合 by 小田 まき

「それで治療費は?」
「○万円から○万円くらい」
その差は1万5千円。

まるで土建屋のような歯科医。勿論、高い方になりました。歯科医が高い方に決めた。
小さなコップで足りなめの水。うがい台が浅く小さくて、麻酔でしびれた口から吐き出した水が床に落ちる。それを誰も拭こうとしない。
前の治療を受けた人の吐いたものが残っていた事、7回通院中に2回。
この歯科医は治療中に気が狂ったように喋り続ける。
思わず「おしゃべりは止めて下さい」という。

「歯グキは、さし歯をした後、紫色になっているけれど、それ治るよ」
と差し歯を削り出す。軸にしようとした歯は、前の歯医者が小さく削っていなくてほぼ丸ごと残っている。それを軸歯にするために、ながーい時間ほじった。

続いて、弱っている歯グキにレ-ザ-光線を掛け過ぎたのか、歯グキは焼けただれて真っ赤。
治療の前に1度も消毒なし、消毒のうがい薬も出してくれない状態が続いたせいか、菌が入り、それはひどい事に、見るも無惨な色で歯グキが広範囲に腫れる。
そこへ仮の差し歯を押し込んだり、引き抜いたりで私は空前の苦しさ。

内科医に駆けつけてサルファ剤をもらう。その後歯科医はうがい薬をくれた。
ようやく「消毒液」と「薬」が歯科医から出る。なぜ院内の滅菌に気が使えないの? 患部の消毒はどうなっているの?

なぜ一時に2つの治療を長時間しかけるの? 歯とその歯グキの治療。別々にしたらトラブルは少なかったのでは?
と、素人の私にも不思議な事ばかり。

結論。基礎力を失った人間はどの分野でも困り者。

ところで薬を売りたい内科医「痛いでしょう。鎮痛剤をあげよう」「我慢します」「我慢強いんだね」サルファ剤使用で1ヶ月間、白目が真っ赤。薬物反応。ガタガタ震えて、歯科医の恐ろしさにため息数千回。

結局、別の歯医者を探して、治療を引き継いでもらった。
ここでも、患者の7割が月に1度呼ばれているのを、受付での会話から知る。
「顎関節症」を言い立て、マウスピース使用開始とともに「みせてえなぁ」と週1度呼び込もうとする先生は、顎関節症の治療の為に口にはめるマウスピースについて「1回目は保険治療ですが、2回目からは私費です」と不可思議な事を言う。前の歯医者では保険の話はなく、自己負担で制作費1つ7000円を取られていた。

「あーもー、止めて」と思うのは歯科医? それとも受難者?
保険不正請求の実情を知らないで、歯科医に行かざるを得ない庶民の悲しさ







by grpspica | 2005-04-11 10:00 | グループスピカ | Comments(9)
2005年 04月 10日

憲法9条Q&A 11 byノリコ

タグ・「共謀罪」←クリックで記事一覧へ


質問29 9条を改憲することは、憲法改正手続で、行うことができますか?

回答29
 憲法の根本部分ですから、出来ないと解するのが正しいと考えます。もし、変えた場合は、現在の憲法の改正ではなく、法的には、新しい憲法を制定したと言うべきでしょう。もっとも、通説的見解は、9条1項の改正はできないが、2項の改正は、理論上不可能ではないとしています。

質問30 9条改憲と連動する法律の改定や立法の動きはありますか?

回答30
 教育基本法の「改正」や、有事立法、共謀罪の新設など、いろいろ関連している動きがあります。

質問31 憲法改正の手続について教えてください。

回答31
 下記の憲法96条〔憲法改正の手続〕に規定されています。

「この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
②憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。」


つまり
①衆議院と参議院それぞれの総議員の3分の2以上が賛成すること
②特別の国民投票(または国会の定める選挙の際に行われる投票、これは衆議院の選挙などと同時に行われる投票という意味です)で過半数の賛成によって承認されること
の2点が必要です。
1票1票が集まって半分以上になれば「改正」を阻止できるのです。

質問32 国民投票法とは何ですか?

回答32
 96条に規定されている国民投票について定めた法律ですが、まだ制定されていません。

質問33 現在議論されている国民投票法(案)について、問題点を教えてください。

回答33 日弁の意見書(案)参照


*********************

Commented by grpspica at 2005-04-10 12:24 x
つまり、国民投票の方法を法律で作らなければ憲法の「改正」はできないのです。
「投票出来るのは20才以上なのか」
「過半数とは有効投票のか」
「ひとつひとつの改正案ごとに投票するのか、一括してするのか」
等、いろいろな輪点があります。
日本弁護士連合会の意見書(案)というのがあるので、興味がある方はそちらで勉強して下さい。



*********************


by grpspica | 2005-04-10 11:00 | 命・平和・人権 | Comments(1)