ペーパー版「海峡」の新スタイル
by grpspica
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
メンバーの属性
ノリコ:弁護士
モニカ:元ピアノ教師
マサコ:シャーマン

ミクシのグールド&ナボコフコミュからお訪ね下さった皆様へ---
グールドと音楽に関するマサコの文章は、
my life with gg (グレン・グールド)
に移動中です。

ナボコフ関連のエッセイは、検索して下さると、出て来ます。

ブログの輪
musolog
AROMAISM〜アロマ主義
ややバッハ日記
☆ホメオパシ−と医学と私☆
弁護士村上秀樹のブログ
daisaku's view
津久井進の弁護士ノート
life あゆさんのブログ
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
カテゴリ
タグ
記事ランキング
最新のコメント
私は「日ノ本幼稚園」に通..
by mhara21 at 08:52
室井水無月さま はじめ..
by mari at 07:37
そもそも国民の約80%が..
by 室井水無月 at 14:53
>mariさん 今..
by grpspica at 14:52
> マサコさん  ..
by mari at 14:48
以前の記事

by grpspica | 2005-05-31 04:12 | 旅・ヨーロッパ | Comments(1)
2005年 05月 28日

K.K君からピアノの話  byモニカ

5月27日夜

ノリコさんが出かけたその朝に、K.K君から電話。

「広いアパートを引っ越すので、今のグランドピアノを少し大きいグランド
(コンサート貸し出し用に使われていた物)に買い替るため、
今使っているコンディションのとてもいい、素敵なピアノを手放します。
もしよければ下取り価格56万円(普及品より少し上クラス新品アップライトの値段以下)+送料で引き取ってもらえませんか?」
という話。

手放すピアノは、購入時にカワイの工場にまで行って選んだ物。
響板はヴァイオリンで有名なストラデヴァリに使われる木を収穫する所として名高い谷で伐採したスプルースを使っている物で、カワイの音とは全然違ってとてもかわいい音らしい。

彼の買い換えの理由は 
 中高音域と低音のバランスが気になり出した事と
 もう少し大きい物が欲しくなったため。
 (一般家庭普及サイズのグランドでは仕方のない事。
  小さくするために低音の弦は無理をして縮めてる訳だから)

我が家に声をかけた理由は
 ・とても大切にしていたピアノである事
 (会社もKK君の熱意と愛情に応えて、
  コンサートピアノを専門に調律する調律師を特別に派遣していた)

 ・だから、持って来てすぐにも弾ける位いい状態である事
 (5年間24時間除湿器を付けて乾燥させていた。
  ピアノの為には最高の扱いをしていた訳。我が家では.....) 

 ・よって、素性のわかった所でよさをわかってくれる所渡したい。

 ・時々は顔を見に来て、弾けたら嬉しい(とは言っていなけど)

 ・嫁に出す子供の行く末を案じる親の心(とも言ってないけど)

 →以上のような理由。

カワイがこのピアノを中古で出す時にはとても高くなるであろうとも。

で..........マサコさんに話すと、
 ・「将来、必要になるので、その時までそちらのダイニングに置いておく」
1台手放す(ボロピアノ)案については
 ・「父の退職金で買ってもらった&母も弾いていた思い出のあるピアノ
   &象牙鍵盤だし、だから手放す気はない」とのこと。

新しいアパートへの引っ越しの都合で、6月3日までに要返事。

今(5月27日夜)、彼から電話があって 
・新しいピアノの支払は終っていて、当方がすぐ支払う必要はない
・別な場所に保管を頼めばお金がかかるから、止めた方がいい。
・置く場所があるなら、組立ずに、立てて置く事もできるって。

今度引っ越す先は桜で有名な川のほとり。最寄りの駅から徒歩1分。
賃貸だが、下にはテナントのはいっているアパートで、
ピアノ持ち込みも家主の了解済み。

5月29日
ここからは、29日土曜日の書き足しです。
今日14時半に、マサコさんの体調次第だけれど、
彼女と彼のアパートに出かけます。

今朝9時から新しいアパートにグランドが入るので、
その後神戸のアパートで合流して「試し弾き」させてもらう事に決定。
マサコさんの調子良さそうなら 新しいアパートに行って、
中古だけれど新しいお気に入りのピアノの「試し弾き」。

頂く決心はもうついてしまいました。事後承諾だけれど、
「きっとノリコさんも賛成して下さるでしょう」と思って..........

納入場所は、やはりレッスン室に決めようと思います。
ドラムセットをどこかに移動させて、そのあいたスペースに置く
(ドラムは一時仕舞込み。いずれ学校のブラスバンドに寄付するにしても、
メグチャンが他の子供に指導出来るようになって、
何度か子供達に体験してもらってからにしたいので)

********

****************
5月30日
昨日、譲り受けるピアノの入っているアパートに。
20数年ぶりに会うKK君は立派になっておられました。
5年前に出会って購入したお気に入りのピアノは、
本当にピアノ好きの彼が、大事に大事に育てた物。
30度に設定したエアコンで24時間除湿で管理。
響板などの乾燥を完璧にしたもの。
調律師は、K社側から今まで通り専属コンサートチューナーをつけるとのこと。
これは彼らがどんなにこのピアノを大切にしているかの証明。
その後、電車で新しいアパートへ。
「5階建てのアパート」という言葉から連想するアパートとはほど遠い、
古いけれどそれはおしゃれな建物。

「ピアノを4階まで階段を使って運び上げた」話に驚いたけれど、
建物中央の緩やかに登る準螺旋階段で、中央は空洞。
住居は4階から6軒分のみ。彼の部屋は以前、
何かの事務所だった関係で北側は床から立ち上がりのある、
ほぼ全面ガラス。まだブラインドもないので、
外からピアノの姿がガラス越しに見えた。
このピアノはマサコさんもお気に入りの、
とてもいいピアノで(中古と言ってもオーバーホールで、中身は新品に近い)。

北側の窓からは近くに山が丸見え。下を見れば、花咲く他人のお庭が見える。
「天国にいるようなとても幸せな1日」とKKさん。
「まるで天国にいるような夢のような時」とマサコさん。

KKさんの人生最高の日にご一緒させていただいた、最高の日でした。
0からの出発だった彼の人生。
あそこまでに独力で築きあげた、どの努力に感動でした。
...

今日はアヴィニヨンですね。
行く前に世界遺産の放送のアヴィニヨンを見せてあげるのだったと思いました。
しっかり見てきて下さい。
デジカメで、動画(ビデオ)撮れるの知ってますか?
それを知っていたら、奄美の土地を撮影するのだったと悔しがってるモニカです。


再びKKさんの話







by grpspica | 2005-05-28 08:14 | 音楽・哲学・宗教 | Comments(4)
2005年 05月 25日

在日コリアンの回答を読んで by I.I.

  「在日コリアンの回答」を読んで当然のことながら、個々による捉え方の違いが、わずかながら感じられました。

  A氏の文章には、穏和な表現の中に「誇り」や訴えかけられている事が痛烈に感じられ、心に響くようです。特に質問 5. 9. 12の回答には強い想いがあるように思います。

  B氏の文章では厳しい文章で突き放された感じがします。私からは意見を述べたりすることも出来ない程の「怒り」があふれています。それから、1945年まで選挙権・被選挙権を有し、納税もし、日本人として参戦されていた事に驚きました。「怒り」はもっともだと思いました。

  私としては、文面が厳しいとどうすれば良いのか判らない戸惑いがあり、温和な文面の方が考えさせられます。ただ全ての人が温和だと問題がはっきり見えてこないので強く訴えていく必要性はあると思います。

  明石市内で高校まで過ごした私は、こういう問題がある事すら知りませんでした。
  20才前後、西宮や神戸の知人が差別を口にするのを聞いて初めて知りました。それ以後、「海峡」を読んで大きな問題であることを知り、日本人として恥かしい思いをしました。孫氏の「個々人の人格形成、市民社会に成熟が見られない」という意見は厳しいながら耳の痛い事だと思います。

  A氏の民族教育の原点はおじい様の存在であり、その努力の実は期待しないとおっしゃられますが、根は十分に張られると思います。私も親として恥ずかしくない民族教育の根を張らせてあげられるように努力していきます。

 '96.03.23  
             





by grpspica | 2005-05-25 11:06 | 命・平和・人権 | Comments(1)
2005年 05月 25日

在日コリアンの回答を読んで by M.T.

  一人一人の個性(人間)を見ないで「‥‥だから」と言って決めつけ、その人を枠の中に入れて見ていることが多くあります。
  例えば「女だから無責任だ」とか、そうやって朝鮮の方やエイズの方、部落の方、学校に行かない子供や人と違った考え方や行動をする方、黒人、その他いろいろな方達を枠の中に押し込み、自分とは違うという理屈をつけて差別していく。

  今の日本はそういう社会だと感じています。差別される側でなく、差別する側に問題があります。それなのに、苦しみ、その苦しみから人間性を高めて行くのは、差別される側で、問題のあるはず(いや絶対に問題がある)差別する側はのうのうと生き、傲慢に生き、少しも苦しんでいない現実に腹が立ちます。

 金明石さんの考え方、生き方好きです。私も子供との関わり方、金さんと同じようにありたいと思っています。
 問15. に「在日に生まれて良かったと思っておられますか?」とありますが、もし、日本人に生まれて良かったと思っておられますかと聞かれたら、私はどう答えようかと考え込んでしまいました。「もちろんイエスです。」答えたいけれど、答えられないと思います。日本人って世界の人に、いや人間に対して悪いことをしているようなそんな気がして‥‥‥。
 
 人間は人間らしく悩める所がすてきです。 '96.03.14.







by grpspica | 2005-05-25 11:04 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 05月 25日

在日コリアンの回答を読んで by S.K.

  アンケート「在日コリアンの回答」は、読むのが辛く、私は毎回いちばん最後に、心して、相当のエネルギーを使って読ませていただいております。

  その辛い現実を直視してお答えくださる方々の、そのエネルギーはいかほどのものか、察するに余りあります。彼らの心情や家族の歴史がストレートに伝わってきます。

  かつて、逃げ場のない島国日本において、営々とお上に支配・管理・搾取され続けてきた日本人の底流に流れるいじけ、ねじれた根性がはっきりあぶり出されて見えてもきます。
  そして、この混沌として先の見えない時代状況を切り開き、生きとし生けるものが共生できる社会を創出できるのは、彼らのような方々がリーダーになった時ではないかと思えてきます。

  読みながら、素直にありのままの存在をありのままに受け止めることのできるしなやかな魂を、ありのままの思いを表現し行動することのできる強い意志を持ちたいと自分に言い聞かせております。
  '96.03.08





by grpspica | 2005-05-25 10:59 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 05月 24日

在日コリアンの回答を読んで by A.M.

  読み進むうちに、自分の表情が変わっていくのを感じました。
  在日、という言葉の持つ言いようのない重さを思い知った様に思います。
都会に住んでいる者が、自分の故郷を懐かしく、そして誇りに思うことがごく当り前なように、在日の方が祖国を思い、そして胸を張ってほこりにできる‥‥そんなことがどうして実現しないのか‥‥と歯がゆく感じます。

  でもこの目に見えない壁を崩していくのは誰でもない、私たちの世代なのですね。
私には6才と3才の息子がいます。彼らには、何の先入観もありません。誰に対してもまっすぐ、そのままの真っ白です。そんな彼らに間違った先入観を与えないように、親である私が、まず、在日の人達のことをきちんと知り、理解していかねば‥‥と思いました。そして、そのうえで正しく子供たちに伝えようと思っています。

 幸いなことに、私は「海峡」を通して在日の方の声を知ることができます。でも日本人の多くは、在日の人達のことを知る機会が余りに少ないのです。テレビ・雑誌・新聞 あらゆる所でもっともっと在日という言葉の重みを伝えて欲しいと思います。

 「日本」は家で言うなら基礎工事に手抜きがある-- というご指摘、とてもショックでした。充分頑丈な土台と信じ切っていましたから‥‥。皆と同じということが何よりの安心感ということの恐ろしさを勉強すべきかも知れません。

 Aさんの回答なさったことで最も印象に残ったのは、お子さんへの夢・願いという項目です。
 「韓国・朝鮮人であることを個性とし、そしてそれを普通のこととして受け止める」ということを、さらっと述べておられますが、とても深みのある言葉と受け取りました。これからも「海峡」でいろんなことをお話ししてください。お願いします。 '96.03.06






by grpspica | 2005-05-24 11:30 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 05月 18日

フランスは海の向こう -1- by ノリコ

フランスに行くことになった。8人の団体旅行。日本から日本人の添乗員つき。

だから旅行の準備になにもしなくていいので楽なはず。
が、いろいろと大変です。

その1,「パソコンでメールの送受信とブログを読んだり投稿したりする」
これが結構やっかい。何しろテレビが写るしくみは知らないままスイッチを押して見てる機械に弱いノリコさんは、パソコン界の用語がわからない。あれをせい、これをせいといわれていることの意味がわからない。
電圧がちがうのでコンバータ、プラグがちがうので接続プラグ、電話線も違うので接続器具くらいまでは自力(モニカの助けあり)でゲット。

マイパソコンを向こうで使えるようにすることはギブアップ。いつも助けてもらうキャノンサポートシステムの人に出動要請。「これでできるはずだけどあとはあちらでやってみないと」というところまで終了。

その2,MKタクシーが自宅から空港まで送迎すると聞いたのでネットで申し込もうとする。
途中で画面が動かなくなってやり直し。朝の1時間くらいかけて予約が完了。
それにしてもいくつもいくつもパスワードが増えて、ノリコの頭はパニックになりそう。
みなはIDやパスワードの山をどこにメモしてるのかしら?

その3,ユーロはいずこ。
ビルの隣の「三井住友」にはユーロの手持ちがない。
すぐ近くの「みずほ」に電話で聞いたらあるというので、買いに行ったら、ドルしかないって。
どうも三宮までいかなければならないみたい。
やっぱしアメリカは強い、か?

4万円分もユーロを持っているTH氏に最初の日のチップの分だけ借りたいと申し入れたが「いやだよ」と。だから三宮まで一走りしなきゃぁ。

-2- へ







by grpspica | 2005-05-18 15:39 | 旅・ヨーロッパ | Comments(5)
2005年 05月 16日

在日コリアンの回答 その5 by 姜 光重(カン カンジュン) 

1,在日朝鮮人について一般的な説明をして下さい。
   「異国に永住することを決意しながら、その国の市民権や国籍を取得しようとする人が多数派ではない奇妙な集団」と捉えることが出来るでしょうか。勿論その奇妙さには相応の根拠や所以があるのですが。

2,ご自身が在日朝鮮人であることについて語って下さい。
  自分自身が朝鮮人であることについては残念な面もあります。
  日本の社会の中では、私のように医師であればかなり自由に活動出来るのですが、それでもアンタッチャブルなところがありますね。例えば政治活動に参加する、あるいは政治家になることは不可能です。

  それから日本人の目と朝鮮入の目という複眼で、社会のあらゆる現象を観察し、理解し、そして自分の入生にまた反映させるということが出来ますので、その意味では入生を豊かにしてくれたという風に思っています。

  医師という職業は、在日朝鮮入であっても日本の社会からは高く評価されますので、私の人生において、他者から評価されるときに、在日朝鮮人であるというより医師であるということの方が優先することが多いのです。そうすると在日朝鮮人である事を意識しなくでも生きていける・あるい在日朝鮮人であることのデメリットをより少なくして生きて行くごとができますから、私をもって、在日朝鮮人の一般像とすることは墨来ないのではないかな、私は非常に恵まれた位置にいるんではないかなと思っています。

  概して言えば在日朝鮮人というのは、社会的地位が不安定で経済的な保証も非常に不充分で危うい存在ではありますね。

3,ご両親が朝鮮から日本に住むことになった経緯にっいて教えて下さい。
  多分二人ともその親が食い詰めて日本にやって来たのだと思います。日本に来れば何とか食えるというので来たのでしょう。その背景には植民地支配と農地の収奪があったのでしようね。

4,現在のご家族について。
  妻が日本人、同い年。子供が3人、女の子。
  一番上の子は国籍法改正前ですから朝鮮国籍。下の2人は改正後ですから、取り敢えず日本国籍で、20才になったら日本国籍か朝鮮・韓国国籍を選択しなければなりません。
  両親はどちらも遠くに住んでいます。

5,ご実家での民族的な教育は、どうでしたか。また現在、どのようになさっていますか。
  民族教育は私の場合は余りなされていなかったと思います。むしろ家族は民族教育にっいては熱心ではありませんでした。
  私自身の子供に対する民族教育は、朝鮮総連系の西神戸朝鮮初中級学校に通学することで取り敢えず間に合わせています。
かなりうまくいっていると思っていますがどうでしょう。

6,ご両親の教育方針について思い出深いお話があれは1つ2つ、何か話して下さい。
  私達の両親の世代の場合、朝鮮人であるということだけで、あらゆる就業の機会、またしばしば就学の機会を奪われていました。例えば奨学金がもらえないために貧困家庭の子どもは進学出来ないとか。
  ですから自分自身に対して否定的な見解を持っていたようです。それとそういう処遇をする日本人や日本社会に対する反発というのもありまして、非常に複雑なメンタリティを持っているのではないかなと思います。けれど、エピソードというのは具体的にはっきりとは覚えていないですね。
  私の父親は事業(土建業ですけれど)に失敗して、その過程でアルコール依存症になりまして、今は、社会人としてはうまくいってないですね。お酒はやめていますけれども。

7,日本、日本人、日本文化について、感じておられる事を述べて下さい。
  重要なことは、反発したり否定したりしてもしょうがない、生産的でないということです。
つまり生きてる間に何かを産み出そうと思えば、敵は少なければ少ないほどいいわけです。
味方は多ければ多いほどいいと。少なくとも、何も達成出来なかったとしても精神衛生上、味方は多い方がいいだろうということですね。

  従って、私は最近「何事についても肯定的な評価をしよう」という風に考え方が変わってきています。
  実は私自身は、生まれてから今日までの40年間1度も臼本人から朝鮮人と言って罵られたことがないのです。どういうことかというと、私が勉強が出来て、気が強くて、そしていじめる側に廻るということが多いということで、向こうから私をいじめるとどんな仕打ちをされるか分からないので、面と向かって言われたことはないです。
 
  日本の社会というのは、秩序や調稀を優先しますね。それで天皇制を頂点とするヒエラルキーがあって、そのヒエラルキーの上下の階層構造が、その集団ピラミッドの存続や拡大発展をまず第一に優先する社会ですね。

  これはまあ俗に言う集団主義ですけれども、集団主義の良い面というのは、あることを成し遂げる、例えば経済の近代化を成し遂げるとか、高度成長を成し遂げる、そういう何か特定の目的があって、集団の力を必要とするときに非常に効率良く、目的は達成されるということですね。

  例えば、第二次大戦前の軍備の整備ですね。軍備整備についてもそうですし、高度経済成長もそうでしょう。それから、物を作るということにおいては非常に有効に働く。それから他の集団と競争するということでは、やはり集団内部の結束は有利な条件です。

  その裏返しですけれども、集団の存続や発展を最優先させるために、個人の人権や人間性が、しばしば尊重されないということが起きる訳ですね。一人一人の人間性が優先されませんので、少数者や社会的弱者はどうしても置き去りにされたり切り捨てられたりしやすい。

  在日朝鮮人がそうですし、傷害者がそうですし、阪神大震災で判りましたように高齢者がそうですね。それから精神障害者もそうですね。そういう集団ヒエラルキーの中に取り込むことが出来ない存在あるいは集団ヒエラルキーの規格に合わない存在というのがどうしても排除されてしまうという、集団主義の弱点もありますね。

  個人的に付き合えば非常にいい人ばかりです。まず柔軟で人の意見をよく聞き、自己主張はほどほどにして、調和的人間関係を保とうとする。こういうふうに穏やかですね。これは朝鮮入より穏やかです。

  朝鮮人に話してる話と日本人に話してる話、1個人を比べてみた時に、日本人と朝鮮人のどちらが侵略者であったのであるかと判断すると、話の過激振りからだけ推察すると、朝鮮人の方が侵略者だと誰でも言うと思います。それ位日本入は穏やかで調和的です。

  ただある特定の時代に、特定の民族の特性について一般的に語るというのはとても困難になって来ました。何故かと言うと、時代の変化が余りにも鋭く移り変わっているからです。従ってその時代の変化、出来事に応じて、日本人や日本文化もある程度適応しながら進んでいます。ですからこれから、そういう集団主義から速いスピードで脱皮するのではないかなと思っています。何故ならばそうでないとちょっと21世紀に日本社会が生き残って行くことが出来ないのではないでしょうか。

  その理由は1番目に他国との関係ですね。諸外国との関係が保てなくなるということですね。集団主義というのは競争を目的としています。決して共存を目的にしている訳ではありませんから、競争社会から得た多大な黒字が続く限り、他国から益々疎んじられる存在になるでしょう。だから競争社会から共存社会へ考え方を変えて行かないと臼本の社会は全く生き残って行けないと思います。

  2番目に自国内でも重要な問題が起きます。これは社会の超高齢化ですね。あと20数年で高齢者が人ロの1/4を占めます。その時に彼らは決して生産者には成り得ません。しかも社会的弱者がマジョリティーとして発生してきますから、これを今までのような弱者切り捨てでは済まされないと思っています。
  しかもそのマジョリティーは戦後の民主主義教育を受けてきた層ですから、切り捨てられることに我慢できるかどうか。多分我慢しないと思いますね。日本、日本人、日本文化というのはこれから急速に、おそらくいい方向に、共存社会の方向に変わると思います。

8,ご自身が朝鮮入であることを意識なさったのはいつでしょうか。
  小学校の先生が教えてくれた、小学校3年位からですね。
  その頃の学校の先生は戦前教育を受けた方ですので、日本と朝鮮の関係について、戦前の皇国史観的な自説を私達の前で臼本の学校で展開してくれました。そこで自分自身強く意識したと思います。

9,在日に生まれてよかったと思っておられますか。(イエスでもノーでも理由を聞かせて下さい)
  イエス。
  今は忙しいけれど豊かな人生を歩んでいると思います。それは私が在日として生まれたという条件が非常に大切だった。たまたま2番目に医者になってそういういろんな視点が持てる立場にいるということがありますね。

10,日本入になりたいと思われた事はありますか?
  中学生高校生の時に非常に厳しい就職差別があるということを知った時に、日本人であればこういう事がないのになと思いました。
  今は全くないですね。全くとは言えない、今はないですね。

11,今までで1番侮しかったた事は何ですか?
  妹が小学生の時に朝鮮入といわれて、沢山の男の子にいじめられたということですね。それを知らなかったわけですが、ひどいいじめに遭ったようですね。それが1番悔しかったですね。

12,最近の日本入の在日社会に対する変化をどう受け止めておられますか?
  かなり寛容になってしかも仲間として、受け入れようとしていますね。してると思います。世代によって違うでしょうし、階層によっても違うでしょうけれども、積極的に仲間として受け入れようという基本的な態度の変化がありますね。
  「さきがけ」がそうですね。「さきがけ」は自民党、新進党から分かれた党ですけれども、いわばリベラルな保守勢力です
  けれども彼らの態度は変わってますね。素晴らしいことだと思います。

  私はいつも言っていますが、日本というのはアジアのり一ダーですから、日本が市民社会的な文脈で民主主義国家になれば、他のアジアの国も続いて行くと思います。ですから日本社会のこの変化はとてもいいことだと思っています。

13,お子さんへの夢、願いを語って下さい。
  3人とも女性ですけれども、将来は男性に依存しなくても生きていけるようなライセンスであるとか能力を身に付けて欲しいと思っています。

14,この頃、考えておられる事を教えて下さい。
震災後の高齢者や障害者の置き去りにされた状況をどう変えていくかということを頭の中で8割考えています。

それから、私も40才の節目になりますので本を出すことを考えています。
1番目が詩集ですね。震災後にいくらか書き溜めたものがありますので詩集を出したい。
2番目が元々やっていたホスピスに関係したターミナルケアの教科書を出したい。
3番目が糖尿病の食事指導についてあまりいい本がありませんので、糖尿病の食事指導の本を出したいと思っています。
  人生の聞に1冊の詩集と1柵の小説と1冊の評論と、また数冊の臨床医学書を書きたいと思っています。

15,入生のモットー、ご自身の目指すゴール、その他、地球社会に望むことを教えて下さい。
  時間がもっとあればいいのですが、私自身は日本や韓国・朝鮮、アジアそういった価値観を越えた、人類が共有出来る普遍的な価値観を生きている間に見出せればいいと思っています。

  その一つは個人としての人権の尊重ですね。ヘンリーアキエニノミヤ氏が、「競争祇会の上に共存社会という価値観を置くべきだ」ということを言っていますけれども、彼と全く岡じ意見です。
  人類が平和共存出来るような価値体系がどこかにできたらいいな、あるいは自分がそれを作ることに寄与できたらいいな。

  そういう意味で私の全ての運動は関連があります。
  インフォームドコンセントに熱心なのもそうですね。ホスピスケアもそうですね。ガンで死を目前にしている人たちを人として処遇する。それから、阪神高齢者・障害者支援ネットワークも同じですね。弱者や少数者が生きていて良かったと思えるような環境でなければ、その社会はいい社会ではないという風に思っています。






by grpspica | 2005-05-16 11:45 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 05月 16日

オモニとアボジたちへ by マサコ

1995年9月22日

  お元気でご活躍のことと存じます。
  私が、在日朝鮮人の事を詳しく知りたいと思い、その存在の輪郭がつかめてから、約5年の年月がながれました。

  91年の6月には、兵庫県外国人保護者の会の当時の代表、I.J.さんと朝鮮に関する日本人の問題解決にカを注いでおられる学校の先生に初めてお目にかかりました。
  それから今日まで、私は数名のオモニたちと長く話込んだり、お互いを解り合う事で、友情の華を咲かせてきたと思います。

  そして色々な出版物、小冊子を丹念に読むことで、何も知らなかった頃よりは、日本人には想像もつかない在日の方々の経験、日本人が判っていない在日としての気持を考えるようにな
りました。

  今回、未だに在日朝鮮人の存在がつかめていない日本人向けにメッセージを発信することを思いっきました。
  世の中には、『アンケート・インタビュ一』という言葉はないように思いますが、文章にして回答なさりにくい場合はテープ録音でお答え下さってもかまいません。
  質問の内容ですが、やや抽象的であると思います。どうか実例をあげて答えて下さい。

  また、私自身は、私の霊体験に苦しんだ経験から「在日朝鮮入」のところを「シャーマン」に変えて、このアンケートに答えるっもりでいます。

  原稿には長さの制限はありません。答えたくない質問は飛ばして下さい。
それではどうかよろしくお願い致します。



在日コリアンの回答 その5 へ







by grpspica | 2005-05-16 09:55 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 05月 15日

AT KAGOSHIMA AIRPORT

Now I'm at KAGOSHIMA AIRPORT, found a computer corner.

Unfortunatly can not use ROMAJI NYURYOKU IN JAPANESE.

I'M DOING FINE. WE ARE LEAVING HERE ABOUT ONE HOUR LATER.

BEST REGARD FROM UNCLE RYU.







by grpspica | 2005-05-15 12:34 | グループスピカ | Comments(0)