ペーパー版「海峡」の新スタイル
by grpspica
カレンダー
検索
メンバー
ノリコ:2000年セミリタイヤしたのにまだ現役の弁護士

モニカ:元ピアノ教師 得意分野はネットを駆使しての調査
 
マサコ:シャーマン 得意分野は音楽・文学・哲学少々

mari :お絵描き芸者 先祖は猫

ミクシのグールド&ナボコフコミュからお訪ね下さった皆様へ---
グールドと音楽に関するマサコの文章は、
my life with gg (グレン・グールド)
に移動しました。

ナボコフ関連のエッセイは、検索して下さると、出て来ます。

ブログの輪
musolog
AROMAISM〜アロマ主義
ややバッハ日記
☆ホメオパシ−と医学と私☆
弁護士村上秀樹のブログ
daisaku's view
津久井進の弁護士ノート
life あゆさんのブログ
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
カテゴリ
タグ
記事ランキング
最新のコメント
以前の記事

# by grpspica | 2005-04-16 23:04 | グループスピカ | Comments(1)
2005年 04月 11日

鹿児島のいたましい中学生の犠牲 by 古殿 宣敬

 鹿児島市武岡は、私の子供の頃の、探検場所でした。
武岡や、城山には、防空壕があるのを、私らは知っていました。
小学生頃の昭和30年代は、まだ引揚者などが住んでいたのを覚えています。

 私は、怖くて防空壕の中に入ったことはありませんでしたが、山中で火遊びをして、山火事を起こしたことがありました。なつかしい思い出です。
 鹿児島に防空壕が多いのは、本土決戦のために、日本軍がたくさん掘ったためです。
終戦の頃の日本軍には、本格的陣地を構築するための、コンクリートや、鉄骨はもうありませんでした。
 日本軍は、防空壕に籠もって、銃剣突撃の機会を狙っていたのでしょう。軍は、国民のために、防空壕を掘ったのではありません。
 私の母なんか、「終戦の頃の兵隊さんは、防空壕堀ばっかり、しちょったど」と言っていました。

 米軍が上陸して、本土決戦になったら、防空壕は軍だけが使い、国民が入ろうとしたら、追い出していたでしょう。あるいは、壕の中で子供が泣いたら殺されていたかもしれません。沖縄戦の悲劇が、何倍の規模で起こっていたかもしれません。

 そう考えれば、この中学生たちは、戦争被害者と言うことができます。





# by grpspica | 2005-04-11 12:54 | 命・平和・人権 | Comments(12)
2005年 04月 11日

私の場合 by 小田 まき

「それで治療費は?」
「○万円から○万円くらい」
その差は1万5千円。

まるで土建屋のような歯科医。勿論、高い方になりました。歯科医が高い方に決めた。
小さなコップで足りなめの水。うがい台が浅く小さくて、麻酔でしびれた口から吐き出した水が床に落ちる。それを誰も拭こうとしない。
前の治療を受けた人の吐いたものが残っていた事、7回通院中に2回。
この歯科医は治療中に気が狂ったように喋り続ける。
思わず「おしゃべりは止めて下さい」という。

「歯グキは、さし歯をした後、紫色になっているけれど、それ治るよ」
と差し歯を削り出す。軸にしようとした歯は、前の歯医者が小さく削っていなくてほぼ丸ごと残っている。それを軸歯にするために、ながーい時間ほじった。

続いて、弱っている歯グキにレ-ザ-光線を掛け過ぎたのか、歯グキは焼けただれて真っ赤。
治療の前に1度も消毒なし、消毒のうがい薬も出してくれない状態が続いたせいか、菌が入り、それはひどい事に、見るも無惨な色で歯グキが広範囲に腫れる。
そこへ仮の差し歯を押し込んだり、引き抜いたりで私は空前の苦しさ。

内科医に駆けつけてサルファ剤をもらう。その後歯科医はうがい薬をくれた。
ようやく「消毒液」と「薬」が歯科医から出る。なぜ院内の滅菌に気が使えないの? 患部の消毒はどうなっているの?

なぜ一時に2つの治療を長時間しかけるの? 歯とその歯グキの治療。別々にしたらトラブルは少なかったのでは?
と、素人の私にも不思議な事ばかり。

結論。基礎力を失った人間はどの分野でも困り者。

ところで薬を売りたい内科医「痛いでしょう。鎮痛剤をあげよう」「我慢します」「我慢強いんだね」サルファ剤使用で1ヶ月間、白目が真っ赤。薬物反応。ガタガタ震えて、歯科医の恐ろしさにため息数千回。

結局、別の歯医者を探して、治療を引き継いでもらった。
ここでも、患者の7割が月に1度呼ばれているのを、受付での会話から知る。
「顎関節症」を言い立て、マウスピース使用開始とともに「みせてえなぁ」と週1度呼び込もうとする先生は、顎関節症の治療の為に口にはめるマウスピースについて「1回目は保険治療ですが、2回目からは私費です」と不可思議な事を言う。前の歯医者では保険の話はなく、自己負担で制作費1つ7000円を取られていた。

「あーもー、止めて」と思うのは歯科医? それとも受難者?
保険不正請求の実情を知らないで、歯科医に行かざるを得ない庶民の悲しさ







# by grpspica | 2005-04-11 10:00 | グループスピカ | Comments(9)
2005年 04月 10日

憲法9条Q&A 11 byノリコ

タグ・「共謀罪」←クリックで記事一覧へ


質問29 9条を改憲することは、憲法改正手続で、行うことができますか?

回答29
 憲法の根本部分ですから、出来ないと解するのが正しいと考えます。もし、変えた場合は、現在の憲法の改正ではなく、法的には、新しい憲法を制定したと言うべきでしょう。もっとも、通説的見解は、9条1項の改正はできないが、2項の改正は、理論上不可能ではないとしています。

質問30 9条改憲と連動する法律の改定や立法の動きはありますか?

回答30
 教育基本法の「改正」や、有事立法、共謀罪の新設など、いろいろ関連している動きがあります。

質問31 憲法改正の手続について教えてください。

回答31
 下記の憲法96条〔憲法改正の手続〕に規定されています。

「この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
②憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。」


つまり
①衆議院と参議院それぞれの総議員の3分の2以上が賛成すること
②特別の国民投票(または国会の定める選挙の際に行われる投票、これは衆議院の選挙などと同時に行われる投票という意味です)で過半数の賛成によって承認されること
の2点が必要です。
1票1票が集まって半分以上になれば「改正」を阻止できるのです。

質問32 国民投票法とは何ですか?

回答32
 96条に規定されている国民投票について定めた法律ですが、まだ制定されていません。

質問33 現在議論されている国民投票法(案)について、問題点を教えてください。

回答33 日弁の意見書(案)参照


*********************

Commented by grpspica at 2005-04-10 12:24 x
つまり、国民投票の方法を法律で作らなければ憲法の「改正」はできないのです。
「投票出来るのは20才以上なのか」
「過半数とは有効投票のか」
「ひとつひとつの改正案ごとに投票するのか、一括してするのか」
等、いろいろな輪点があります。
日本弁護士連合会の意見書(案)というのがあるので、興味がある方はそちらで勉強して下さい。



*********************


# by grpspica | 2005-04-10 11:00 | 命・平和・人権 | Comments(1)
2005年 04月 08日

これが憲法9条よ 10 byノリコ

ところで憲法9条ってどんな内容なのか、知ってますか。
中学や高校で読んだ人、覚えていますか。世界に誇る憲法9条です。

日本国憲法 第2章 戦争の放棄
第9条
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、
国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 ②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
国の交戦権は、これを認めない。


ごらんのとおり、第1項と第2項にわかれていますが、第1項に①はついていません。

ついでにこれが英語版、知らない単語が結構ありますね。

CHAPTER II. RENUNCIATION OF WAR
Article 9.
 Aspiring sincerely to an international peace based on justice
and order, the Japanese people forever renounce war as a
sovereign right of the nation and the threat or use of force as
means of settling international disputes.
 In order to accomplish the aim of the preceding paragraph,
land, sea, and air forces, as well as other war potential, will
never be maintained. The right of belligerency of the state
will not be recognized.






# by grpspica | 2005-04-08 16:46 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 04月 08日

憲法9条Q&A 9 byノリコ

質問21 9条が改定されると徴兵制になりますか?

回答21
 その可能性が格段に高くなるでしょう。ちなみに韓国なども戦争放棄を謳っていますが、兵役義務があります。

質問22
そんなことをいうけれども、自衛隊が不要だなどというのは非現実的ではないですか?

回答22
 むしろ現実的に考えると、日本が攻略を受ける可能性は少なく、現在のような規模・戦力をもった自衛隊の存在こそ非現実的ではないか、という意見もあります。現実的に見て、今、改憲をする必要性・合理性も乏しいでしょう。

質問23
 国の交戦権を保持しないとか、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しないとする九条は、国民を守るための自衛のための戦いすら放棄することにつながる。自立した国家として、自衛のための戦力は必要ではないですか?

回答23 (なし)

質問24
 自衛のための戦力と交戦できる戦力との線引きは不可能であり、戦力は持たざるを得ないのではないですか?

回答24 (なし)

質問25
 自衛力を持たないことは、隣国(北朝鮮の現政権)の挑発に対して隣国の思うがままに対応せざるをえなくなり、公平な立場での外交をするためにも、隣国の戦力と均衡がとれるだけの戦力は必要ではないですか?

回答25 (なし)

質問26
 今の若者の軟弱な体質や気質は、軍隊の厳しい訓練を経験することにより多少は変えることができるのではないですか?

回答26 (なし)

質問27
 交戦権を持たないがために、米国の言いなりにならざるをえないのであって、交戦権や戦力を持てば米国と、一つの独立した国家として対等に発言できるようになるのではないですか?

回答27 (なし)

質問28
 九条によって、丸腰の強みを強調したいのだろうが、丸腰だから他国から攻撃を受けないと誰が保障するのですか?

回答28 (なし)







# by grpspica | 2005-04-08 09:57 | 命・平和・人権 | Comments(1)
2005年 04月 05日

体験談募集 byマサコ

あなたは歯科治療で納得のいかない事をされた経験がありますか?
その時の状況を800字内にまとめて下さい。
例えば、
○治療期間の引き延ばし
○治療の必要もないのに、数週間のうちに何回も呼びつける。
  名目は「調整」、「点検」、「掃除」など。
○突然に断わりもなく歯を抜かれた。
○全く健康な歯を触られて、最後には抜く事になった。
○アマルガムを残されて、数年で黒グロした歯にされた。
○しつこく矯正を勧められた(40才代~60代で)。
○虫の食っていない歯を治療された。
○小さな前歯2本にかかる虫歯を少し詰めてもらうために行くと、
 ガリガリ削られ、気づいた時には歯がなくなって挿し歯2本になってしまった。
○明らかに材質を落された歯が入った。etc
.
どうかあなたの歯科体験を「海峡」へお寄せ下さい。
弁護士・市民オンブズマン、あるいは歯科医師会の相談を受けた場合はそこでの助言等も教えて下さい。
あなたの大切な身体を医者から、健康をになう歯を歯医者から守りましょう。

原マサコ フンガイセンター







# by grpspica | 2005-04-05 09:42 | グループスピカ | Comments(5)
2005年 04月 03日

尹貞玉さんとのおしゃべりーハルモニ・ディケンズそして死後の世界 byマサコ

タグ:コリアーナ ←クリックで一覧へ。


a0019212_12333047.jpg


1998年11月4日六甲学生センターでのインタビュー(ペーパー版「海峡」1999年4月号より)
ハルモニとは「おばあさん」という普通名詞ですが、以下の会話では元従軍慰安婦のことをさしています。

住まい
マサコ:ハルモニ達について教えてください。今は何人いらっしゃいますか? 現在韓国国内でどのような援助を受けていらっしゃるのでしょうか?

尹貞玉(ユン ジョンオク):1991年から被害者の登録を受け始めた時は180人位でした。その後亡くなった人もいて今は137人位です。
 前大統領キムヨンサムの時に私たちがまず要求したことは、ハルモニ達の住まいのことです。12坪から16坪までのアパートを永久賃貸すること、経済的に余裕の無い人達に何十年でも貸せるようにする制度ですね。
  ハルモニ達は、望めば誰でもここに入れます。それで家族のいる人とか、「ナヌムの家」というところがあって(仏教が経営しています)、そこにもいつでも入れます。だからこれは個人の選択によります。入ることも出来るし、入らないことも出来るし…

マサコ:自由意志ですね。

尹貞玉:そう。だから住まいの問題は解決しました。

生活費・キムチ
  それから生活費は中央政府から月に50万ウォンと地方自治体から10万ウォン以上支給します。IMF以後、地方によって政策が変わった所があるかも知りません。全員が生活保護の対象者としてもらっています。
  それに加えて韓国では陰暦のお正月とお盆、5月の父母の日そしてクリスマスはとても大きく御祝いをします。こんな日にはお祝いとしてお金とかプレゼントが出ます。秋には冬中食べるキムチを地方政府の婦女課あるいは女性課がいつもお世話をしています。 

マサコ:キムチは1年分くらいあるのですか?  

尹貞玉:1年分ではなくて冬中食べることが出来るようにです。私たちはキムジャンと言って、11月頃キムチを漬けます。大量に作って冬中食べるように用意します。

医療
  そして大事なことは「現代グループ」という大きな企業があって、そこで経営している中央医療院ではハルモニ達に無料治療カードを渡しています。 

マサコ:それは中央だけですか?  

尹貞玉:ウルサンなど3ヶ所にあります。そこでは診察から治療、入院と医療は全部無料です。

トラブル
  ただハルモニが一人でお暮らしの時は問題がありませんが、養子とか、兄弟がいた場合には問題が出てきます。それも、大体の場合不思議にも、女性ではなく男性がいると問題になります。  

マサコ:それはどうしてですか?  

尹貞玉:回りにいる男性達はハルモニの苦痛を思いやるよりは被害者を利用する傾向があるのではないかと思われます。それで国民基金を貰えということになる。それからハルモニ達のお金も自分達が横取りしたりします。銀行に正確に入りますが、ハルモニ達はよく判りませんからね。銀行のお金の事をどうすればいいか、自分で出来ないハルモニも随分いますから。  

生活費(続き)
マサコ:話が前後しますが、中央政府と地方自治体が出すお金は、韓国ではどの位のお金になるのでしょうか? 1人暮らしの場合どの位あれば生活できますか?  

尹貞玉:この位あれば基本的生活は出来ると思います。それに今韓国はIMFの統治の下でしょう。韓国にはドルがないのです。企業とか学校とか団体では、新しく雇用しないばかりでなく、雇用していた人を解雇しています。とても不況です。  

マサコ:その不況の中でこれだけのことをしているのですね。  

尹貞玉:大学の卒業生が就職が出来ないそういう状況の中で、本当に有難いことなのです。  

マサコ:これからも援助を申請する方が増えるでしょうか?  

尹貞玉:韓国ではもう増えないでしょう。でも、外国からは出てきますね。カンボジアから出てきましたし、中国から2、3人が出てきました。

マサコ:この方達は韓国政府がしたような対応は受けられないですよね。

尹貞玉:いいえ。カンボジアから出てきた人は韓国に来ましたし、国籍もその他全部もらいました。  

マサコ:もとは韓国の方だったのですね。  

挺対協の募金活動
尹貞玉:これに加えて、挺身隊対策協議会(挺対協)では3度募金をして渡しました。
  3度目は1998年5月に政府が59億ウォンの予算を通し、ひとり当たり3150万ウォン渡してくれましたし、私たちも市民募金をして1人当たり410万ウォン位を渡しました。  

マサコ:挺対協のこの様な活動はいつから形になったのですか?

尹貞玉:第1回目の募金は、1992年に始めて1993年にお金をハルモニに渡しました。第2回は市民連帯募金として1996年に始めて97年に渡し、また第3回として1997年に始めて1998年にも渡しました。 

マサコ:先生のお話では「もめ事が起こるからとにかく日本人は個人的にハルモニにお金を渡したりしないで、日本に戦争記念館を建てるなり、別な支援の方法でぜひやって欲しい」ということでしたけれども、これは日本人の活動家が韓国に行って直接ハルモニに何かを渡したり送ったりしたことが問題になったのですね。

尹貞玉:はい。純粋な動機だということは判りますけれども、そうするとハルモニにとっては、日本人と個人的に会うとお金がもらえるということになり、それで日本人に会うとお金を期待するというようなことになるのです。

マサコ:要求の気持ちが出てくるようになるのでしょうか。  

尹貞玉:ええ、だから私たちはハルモニ達、被害者にそれはよくないと思ったのです。

見舞金
  私たちが1992年に募金し始めたのは、日本から「見舞金」という言葉が出てきたからです。加害者が「見舞」するというのはおかしい。見舞は私たちがするから日本は「謝罪と賠償」をやれということで抗議をしましたら、名称が「慰労金」になりました。それで「慰労金は私たちが集める」ということで募金を始めました。
  その頃から日本の方が純粋な動機でお金を渡し始めましたが、私たちは「個人的には渡さないで下さい」とお願いを始めたのです。でもそれはその時からずっと続いています。ハルモニ達はお金が欲しいかもしれないけれど、そういう形でお金がハルモニ達に渡るということは、それでは本当の解決にならない。本当にハルモニ達に関心があるのならハルモニ達にお金を渡すその心で日本政府に向かって謝罪と賠償をするように日本で運動してくださいと私たちは言っているのです。でもそれよりお金を渡す方が簡単でしょう。  

マサコ:まあ運動家がお金を出したり、募金をして集める事が出来れば手っ取り早いと思いますが‥‥  

女性のためのアジア平和国民基金
尹貞玉:ええ‥‥ それがずっと続きました。その結果、1995年から「女性のためのアジア平和国民基金」が出来ました。この国民基金についての挺対協の考えは「それは謝罪と賠償でない」ということです。しかし日本人の中にはこのお金をハルモニに受け取らせようと働きかける人がいましたし、受け取ったハルモニもおられます。  

マサコ:国民基金を受け取ったハルモニは何人で、いつ受け取られましたか。

尹貞玉:7人です。7人全員が極秘の内に97年1月にお金を受け取られました。

マサコ:7人とは少ないですね。私としては国民基金を受け取られたハルモニ達のお気持ちがわからないでもないのですが。7人のハルモニは韓国国内での募金を支給されなかったのですか?  

尹貞玉:第1回目は1993年に支給しましたが、第2回・第3回は募金した趣旨が国民基金からのお金を受け取らないことが前提ですので、支給しませんでした。  

マサコ:それはごもっともです。すべて募金は、目的以外のことには使うことができませんものね。韓国はオランダ同様、反日感情が強いと伺っています。だからこそ、たくさんお金が集まったのでしょう。
  その後、7人のハルモニを挺対協から除名して「もう面倒を見ない」とおっしゃたのですか?

尹貞玉:いいえ。なんの差別もしていません、行事がある時は必ず招待しています。政府と地方自治体の生活補助金も相変わらず支給されています。
日本では1993年頃から挺対協に対する非難が出ていて、先だっても1999年2月号の「諸君」に掲載された記事については訴訟をすることも考えました。 

マサコ:尹先生が厳しく問題を提起しているので、挺対協をおろされたとか伺っていますが。現在の挺対協でのポジションは何ですか。  

尹貞玉:私は今でも挺対協の3人の共同代表の1人です。  

ハルモニの思い
マサコ:亡くなったハルモニのお葬式には行かれましたか?  

尹貞玉:私が参列したのは3人です。  

マサコ:昨年のお盆の頃にTVでカンドッキョンさんのドキュメンタリーがありました。最後の最後まで病院で遺言をおっしゃっていましたね。

尹貞玉:遺言してベッドの回りに立っている若者達に「自分の願いを果たしてくれ」って頼み、若者達も約束をしました。  

マサコ:先生からのお便りで、「慰安婦のことを始めた頃には思いもかけなかった金銭をめぐる問題にもなってしまった。私の場合は生きれば生きる程、世の中が分からなくなる」と書いておれらましたが‥‥  

尹貞玉:そうでしたか。今は少し目が開いてきました。  

ディケンズとエリオット
マサコ:お話は変わりまして、先生のご専門の英文学のお話を聞かせて下さいせんか。
  日本では「宮部みゆき」という38才の作家がいまして、私は今夢中です。宮部はニーチェの超人思想と永劫回帰をハイネのような言葉で語り、チャールズ・ディケンズとも似ている気がします。チャールズ・ディケンズについてどのように評価しておられますか?

尹貞玉:ディケンズは人間個人の運命が社会の制度で左右されるということを小説で書き始めた人なのです。人間が右にいく事も出来るし、左にいく事も出来る。それが社会の制度で左右されるということです。

マサコ:要するに人間の自由が社会の制度で左右される ?  

尹貞玉:いえ、自由というより「運命」と言ったほうがいいでしょう。

マサコ:お薦めの作品を教えてください。  

尹貞玉:「David Copperfield(ディヴィッド・カッパーフィールド)」というのがイギリス人が愛する小説の中の1つです。作品としてはこれよりももっと立派なものがありますが、何度も映画化されてイギリス人が愛する小説です。
 私が好きな小説は「Great Expectations(大いなる遺産)」というものです。
これは Pip (ピップ) という主人公が物質的な遺産が貰えるのに自分が断り、沢山のことを習う。精神的な遺産を獲得し、精神的な愛が何か分かるようになるという解釈が出来る小説です。ディケンズにとっては稀な、ちゃんとしたきちんとした構造を持った小説です。

マサコ:彼の他の小説はそれほどの構築力とか構成がないですか?  

尹貞玉:ディケンズは、ジョージ・エリオットやヘンリー・ジェイムズみたいなちゃんとした形の整ったプロット(筋、構想)はあまり持っていないのです。好きな時にはダァーっと語る言葉が楽しくて話しているみたいに、そんな横道にずっと入ってしまうのに、それが無くて、ちゃんとしたプロットを持っているのが「Great Expectations(大いなる遺産)」なのです。  

マサコ:それが大きな特徴なのですね。  

尹貞玉:ええ。それに主人公が精神的にとても高い次元の経験を話しているとも言えます。
  ジョージ・エリオットもいい作家です。女性の問題なども出てきますね。
  代表的なのものは「 Middle March (ミドゥル マーチ)」、お読みになりましたか? 

マサコ:いいえ。  

尹貞玉:とても長くてね。ジョージ・エリオットは。ディケンズはシェイクスピアと同じスタイルといいましょうか。シェイクスピアのようにイギリスの伝統を継承するといえる人なのです。シェイクスピアのように語彙が多い人なのです。
ディケンズがイギリス的な作家だと言えるのは、シェイクスピアと同じように語彙が多いし、シェイクスピアにはユーモアのセンスがあるでしょう。ディケンズがそうなんです。
ジョージ・エリオットは違います。自分が何を言おうとしているか読者が分からないかも知れないから、「私が言おうとしていることはこれです」というようにくどい。それで一般の読者には読みにくいのです。  

マサコ:ジョージ・エリオットは内容も文体も堅いのですね。  

尹貞玉:堅いですね、ちょっと。一般人が読むのにはちょっと難しいかもしれません。チャールズ・ディケンズは面白いです。それもシェークスピアに似ていますね。年令や学識に関係なく子供もお年寄りも、博士号所持者も義務 教育しか受けていない人も、自分の程度で読めるものです。その点もシェ ークスピアと同じ。けれどもジョージ・エリオットは一般には「Middle March(ミドゥル マーチ)」なんかは読めませんね。「Mill on the Floss(フロス河畔の水車場)」というタイトルです。一般は読みにくいと思います。

マサコ:ジョージ・エリオットは一般受けはしない。大衆的な、娯楽的なところがないのですね。 

尹貞玉:そうです。ただ、 「 Silas Marner(サイラス・マーナー)」は比較的短いし、だいぶ読まれていると思います。  

韓国人気質
マサコ:国民性の比較をすれば、韓国の方は昔から大陸的でおっとりなさっていたのでしょうね。日本のせせこましい気持ちに比べて。 

尹貞玉:昔から韓国人は多血質ですね。  

マサコ:どういう意味ですか?  

尹貞玉:興奮しやすいのです。  

マサコ:あぁ、それはトウガラシのせいだという話があります。キムチに沢山入れるトウガラシに興奮物質があるそうです。「烈火のごとく」という表現がありますね。火が興るようにくわぁーとくる‥‥  

尹貞玉:イタリア人みたいにね。  

マサコ:ラテン系に近いのでしょうか?  

尹貞玉:そう。私たちは多血質だといいますね。興奮しやすいし‥‥それから感情的です。韓国人みたいなのはイタリア人、南アメリカ人とアイルランド人と、多血質でしょう。

歌と食べることが好き
  それで韓国人が言うにはね、イタリア人とアイルランド人は歌が好きでしょう? 韓国人も歌が好きです。  

マサコ:そして上手ですね。声が違います。  

尹貞玉:歌を通して表現が出来ます。韓国人は歌が好きだし、踊りが好きだし、劇が好きなの。でも計画的に準備をするということは出来ません。
それからもう1つ、食べるのが好きで、沢山食べます。それは感情が激して発散するかららしいですよ。エネルギーを沢山使います。  

マサコ:発散するからお腹が空くのかもしれませんね。  

尹貞玉:ええ、そうかも知れない。  

韓国と日本
マサコ:本当にエネルギッシュですねぇ。ある本に、韓国のシャーマンが「日本と朝鮮は各々の国を守っている神様が夫婦の関係である。だから夫である朝鮮が、妻である日本にどんなひどい事されても、拝み合わないといけないのだ」と言っているのを知りました。
  ヨーロッパでも隣り合う国々というのは、仲が悪いそうです。例えばフランスとドイツ、それからチェコスロバキアとハンガリー。隣り合っているのに国民の感覚や気質が大変異なると、距離が近いだけに尚のこと反目し合うのかもしれません。  
それにしても日本は長い歴史の中で朝鮮にはご恩になっているのに、文化交流の認識をもっていませんね。そして国内の朝鮮民族は、長い間日本に住んでいて税金を収めているのに、選挙権を与えられていません。21世紀にはお互い歩み寄り、日本は正しい歴史教育の道を歩んで新しい文化を作り上げたいと願っています。 

霊の話
尹貞玉:ところで私も質問があります。霊について教えてください。霊が来るのは心がきれいだからですか?  

マサコ:そうではないと思います。古代人なら、もっと鋭く鮮明に星が見えていたように、誰もが持っていた能力でしょう。私は霊だけではなく、気候や電気電磁波などにも激しく反応して、体調が狂います。

尹貞玉:死についてどう考えていらっしゃいますか? 私、死ぬのが怖いと思う時があります。

マサコ:死は怖いものではないです。ただ別の次元で生きることで、私には「生命は一つの証明のために」人間に死が起こるとしか思えない。

尹貞玉:その証明とは何ですか?   

マサコ:例えば、人間は全て別れ別れになっているでしょう? 家も別、体も別、仕事も収入も別々。他人の幸せは自分のではない。自分の不運はあくまでも自分自身に限られる。人の高収入は自分のではない。人の両親は自分の両親ではないetc. この様に、他人の食べる食物は自分の食物ではないとか、一々別れているのが人間1人1人の現状ですね。

ところが、肉体のない世界は、もっと生命本来の世界に近い。これが人があの世に行く状態なのでしょう。もう家賃の心配も服のこと、生活にまつわる苦しみもなく、人の地位や人間関係もない、もっと魂本位、心の世界に生まれる訳ですから。
死は、本来、魂や生命の自由を存分に味わえる違った社会での生存ではないかしら? 死ねば「無」になる人にとっては「無」だし、死ねば「寝ている」と信じている人には「寝ている」状態かもしれません。言い替えると、「人間のこの世での生活には限界がある」という証明のために、本来我々は1つの生命エネルギー体であるの証明のために人に死が起こるのでしょう。

私が亡くなった方々の気持ちを受けるのも、人が決してバラバラでない証拠と思っています。 私の場合、普通の人々より、よりその社会に近く位置していて、これは全く偶然ですが、この世の事で、しばられてしまう心の持ち主よりは、体験から、違った考えが出来る様に思います。
そして、自分の体験したことは人に語っていいと思います。私がコリアーナさん達との霊的な出会いについて公言した時、私がお金儲けのために霊的な体験話しを作っていると思われた方もいらっしゃるようです。
  私はコリアーナさんから祝福を受けました。だから、こうして尹先生ともお話出来る様になったのです。


尹貞玉 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%B9%E8%B2%9E%E7%8E%89




********************************


# by grpspica | 2005-04-03 12:19 | 命・平和・人権 | Comments(4)
2005年 04月 01日

阿波丸の日に by モニカ

タグ:「阿波丸&石崎キク」 ←クリックすると一覧へ


 2005年1月7日、鹿児島大学総合研究博物館に出かけた。昨秋、訪れた宮崎で偶然、「阿波丸」で亡くなった伯父・石崎和彦が作った有孔虫の標本がそこに保管されていると聞いたからだ。

  60年前の今日、4月1日、台湾沖で撃沈された「阿波丸」については昨年夏NHKでも放送され、改めて戦争の引き起こす悲劇を認識させられた方も多いと思う。その話は、このブログでも伯母の「声なき死者は訴えるー緑十字船・阿波丸の悲劇 」にも書いてある。

 28才で亡くなった伯父が27才で応召されるまでに集めた有孔虫の標本の一部が、教授によって、戦後、日本に持ち帰られていた。有孔虫とは素人理解で簡単に言うと「星砂」。有孔虫の存在が石油調査には欠かせないらしい。
 伯父は短い研究生活の中で、よく整理された沢山の標本を作っていた。彼が見つけた新種の有孔虫もあって、彼の姓のIsizakiと名付けられたものも多くあると教えていただいた。

 子供の時から知る伯父の世界は、我が家に沢山残された伯父の署名入りの楽譜である。その楽譜を使って母からピアノを習った。その中には「子供用にいい曲が出ている」と1940年に取り寄せたバルトークの初版と同じ表紙がついた「子供の為に」などもある。音楽に対する熱意に驚かされる。

 標本やそれに添えられた文字によって、それまで言葉でしか知らなかった「地質学者の和彦おじさん」が、やっと実像として感じられるようになった。

  標本の存在を知る事なく亡くなった伯父の両親、そして妹に当る私の母がこのことを知っていたら、飛んで見に行っていたであろう。生存する妻は、平和への思いを熱くしながらも、鹿児島を訪れるには高齢すぎる。
  60年は短いようで長い年月である。


翌年の記事に写真を入れました。
鹿大博物館の標本写真入り記事


以下追加記事
ベートーヴェンPソナタ#18 E♭ op31-3  byマサコ

↓2015年の新しい記事など
阿波丸犠牲者慰霊祭@璉珹寺(奈良) byマサコ

【伝言 あの日から70年】東京新聞の記事

鹿児島大学博物館news letterの大塚先生の記事
鹿大博物館news letter「石崎和彦コレクション」 byモニカ

鹿児島入り byモニカ






# by grpspica | 2005-04-01 18:12 | 命・平和・人権 | Comments(4)
2005年 03月 30日

とっておきのバラ byマサコ

a0019212_19594989.jpg







# by grpspica | 2005-03-30 20:02 | グループスピカ | Comments(2)
2005年 03月 30日

憲法9条Q&A 8 byノリコ

質問17
 日米安保体制を維持し、国際貢献の姿勢を顕示するためにも、自衛隊の存在は憲法に明記すべきではないでしょうか?

回答17
 それこそ外圧による押しつけでしょう。国際協調主義や、日米安保体制を維持するために、9条改定をする必然性はありません。

質問18 弁護士さんは、何ができるのですか? 何をなさるのですか?

回答18
 市民の法律の専門家として、これまでも数多くの反戦訴訟などを通じて運動・活動をしてきました。また、正しい9条のあり方を訴えていき、市民の方々に理解と関心をもってもらうようにしていきます。

質問19 私たちの意見や運動はどのように活きていくのでしょうか?

回答19
 草の根運動を通じてこそ、真の民主的な憲法の認証になるでしょう。最終的には、国民投票で国民一人ひとりの意思を示すことになります。

質問20
 9条以外に、新しい人権の保障などが盛り込まれるということについてはどうでしょうか?

回答20
 9条の会の個々の会員の、その他の部分についての意見は区々です。ただ、改憲案の一括呈示も予定されており、個別に賛否を問うとは限らないので注意が必要です。






# by grpspica | 2005-03-30 09:50 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 03月 28日

電磁波と歯科医受難 by マサコ.

a0019212_21492945.jpg

ある本に「塩と重曹」を温湯に溶かして足浴をすると、
「電磁波」が抜けるとありました。
私の場合「ホントウ」によく抜けます。
それで「腰湯」「頭洗い」と夢中になり過ぎたせいか、
別物が原因なのかは不明だけど、今は筋肉がカチコチ。
でも久し振りに地下鉄に乗ってデパートに出かける等、街っ子を楽しみました。

歯の金属が「電磁波」を呼び寄せるという説がありますが、
私に関してはこれは「ホントウ」です。
これは私の電磁波過敏症の始まりと信じて疑わない物語です。

40才から42才位に「隙間治療が必要」といわれて歯科医に、
健康な歯を5本、11ケ所削られた(嘘のような本当の話!)のが始まり。
その5本の歯の8面に金、3面にレジンをつけられた後、
94年に最初のパニックが起こりました。

 ・エスカレータ横を歩くだけで激しく咳き込む
 ・自動販売機やキャッシングマシーンの前に行くと全身ピリピリしたり、
  コメカミからナイフが刺さるように電気が入ってきて倒れそうになる
 ・デパ地下の精米機が動いている近くにいると舌が痙攣をおこす
 ・吐き気がして、食べ物を吐くので家で電気がつけられないetc.

5年後、詰め物が取れたので再び診察を受けた所、詰め直しを勧められる。
水銀毒の害があるというアマルガムを外してもらうはずだったのに、
故意にアマルガムを残したとしか思えない治療をされ2次カリエスとなる。
このアマルガム残しは、歯科医がもっと大掛かりな治療をもくろんで、
わざと残す事があるとまで言われているらしい。
(アマルガムの周辺が溶けて知らない間に虫歯になるが、含まれている水銀の為に
 痛みがなく、知らぬ間にひどい虫歯になるという)

アマルガムの毒については検索するといろいろ出てくる。
例えば 
 ◆お口に潜む水銀化合物・アマルガムの危険性 
  http://www.ginza-dental.com/metal_allergy/amalgam.html

 ◆特集アマルガム
  http://www.white-family.or.jp/htm/sukusuku/tokusyu1.htm


この治療した歯を見て、その仕事内容に首を傾げていた2番目の歯科医。
彼によって新たに掘り返され、口の中は沢山の金歯になった。
その半年後の2002年の春、大パニックに。

パニック症状は、
 ・遠く離れた電気がついていても身体が痛くてたまらなくなる
 ・腸痙攣を起こし、胃が全く働かなくなる
 ・弱り切った状態で目もかすみ、全身が痛む
 ・電気がある場所には全く出入り不可能・等。

よく生きていたものと今でも思う。
いいといわれる電磁波グッズはみんな試してみた。
現在、少しマシになった状況ではトルマリンも効果があるように思うが、
ひどい時は何も変わらなかった。
金属を使ったベッドに寝るのもとても辛いことだった。
部屋は外の電線から離れた西の部屋でなければならず、
暖房も電気を一切使わない石油ストーブに買い替えた。

これらすべては、歯科医にいじられるまで全くなかった症状。
それまではごく普通にCDやラジオ放送を思う存分楽しんでいた。
夜、暗くなれば当然のように電気を付けて生活していた。

最後は2004年9月、金と隣接したアマルガムの為に苦しんでいた部分を
オーリングテストで自分にあった金属を入れるという3番目の歯科医で詰め変えた。
そしてまたまたひどいことに......。

今度の金属は、
気分のよい時には乗車できていた地下鉄に乗ることが出来なくなったリ、
動悸が激しく、起きていることが出来なくなった。
また身体のあちこちのしびれ感が強くなっている。

このように私の電磁波過敏症の災難は、歯科医の「いたずら」によって始まったのです。

私の貴重な「電磁波バロメーター」は、2004年に入れた金属が
「ジーコジーコ」といって体内電気の様子を知らせてくれるのです。
この歯が温和しいと、体内の電磁波は少なくて、TVを見ることができます。

シャーマン・マサコのところに来る霊も電流なのでいつかは抜けるのですが、
できるだけ早く成仏していただくか、追い出すかしないと体がもちません。
どなたか霊抜きの方法を教えて下さい。



**********************************



# by grpspica | 2005-03-28 13:56 | グループスピカ | Comments(1)
2005年 03月 28日

憲法9条Q&A 7 byノリコ

質問13
9条は押しつけられたのですか?

回答13
そう言われていますが、むしろ幣原内閣が平和主義を提案したとも言われていますし、当時の国民のアンケートによれば大多数が支持していたので、「押しつけられた」というのは,必ずしも正しいとは言えません。

質問14
あらためて自分たちで新しい憲法を制定した方がいいのではないですか?

回答14
 問題は内容です。少なくとも9条2項については、自衛隊の現状追認であり改悪です。新たな正しい理念を盛り込むことは良いことですが、後退することはよくないことです。

質問15
 改憲することは,現在の国民の多数の意見ではないでしょうか?

回答15
 そのような実証的な統計はありません。マスコミの影響が大きいのでしょう。
自分の考えを持つことが大切です。

質問16
 9条改定に反対しても,現実的には難しく,抗し切れないのではないでしょうか?

回答16
 それは違います。国民の意見が重要です。国会の発議があっても国民投票で過半数の賛成が必要です。







# by grpspica | 2005-03-28 10:12 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 03月 27日

憲法9条Q&A 6 byノリコ

質問12
なぜ戦後日本は戦争放棄や軍隊不保持を選択したのですか?

回答12
その①
 多くの連合国や国際的批判を押し切って、戦後天皇制が護持された一つの大きな要素は、軍隊と完全に決別したからです。
 天皇制発足以来昭和20年までは、曲がりなりにも天皇は軍隊統合の象徴でした(軍隊の統帥権が天皇の権威、存在理由)。江戸時代の暴れん坊将軍でも征夷大将軍の位や権威は天皇(朝廷)に由来していました。

 軍国主義天皇制がポツダム宣言を受諾してなお天皇制を護持するには、戦争放棄だけではなく、軍隊そのものの放棄が不可欠でした。
 多くの国民は、軍隊がなく、戦争の絶対にない国ならば、天皇が生き延びても強く反対しませんでした。
 天皇制を望むあなた、軍隊と天皇は両方もてません。どちらを選びますか。天皇は、たとえ外国に日本の国土を占領されても、天皇と国民が生き延びる道を選んだ訳です。

回答12.
その②
 戦争は、たとえ自衛のためだとしても、結局は、多くの一般国民が犠牲になるものであることが第二次世界大戦(太平洋戦争・大東亜戦争)で明白となりました。
 多くの国民は、たとえ外国に国土を占領されても、戦争による殺戮や民族の滅亡よりははるかにましである、第二次世界大戦を経験した世界各国は、戦争のおろかさを骨身にしみて悟ったから、それに期待して率先して戦争のない国をつくろうとしたのです。

 それに、多くの日本国民が徴兵制などを通じて、軍隊というものの非人間的、非人道的、人権無視の本質、軍人幹部の醜悪さ(やみ物資の横流し、今の北朝鮮よりひどかった)などを知ってしまったので、軍隊そのものとも決別したのです。
 
 今、イラク戦争などをみても、その選択が間違いではなかったことをつくづく感じます。







# by grpspica | 2005-03-27 18:12 | 命・平和・人権 | Comments(1)
2005年 03月 27日

グループスピカのプロフィール

エクサイトブログ「海峡web版」のグループスピカのメンバー紹介

ノリコ 蠍座の女
 2000年セミリタイヤ宣言後も、依頼が殺到する売れっ子弁護士。
 仕事の70%は医療過誤訴訟の患者側。

モニカ 蟹座の女
 いつの間にかピアノ教師。母の生徒の子供たちが習いに来る。

マサコ 乙女座の女
 作家を志し、挫折したシャーマン。特技は数字占い。  







# by grpspica | 2005-03-27 17:51 | グループスピカ | Comments(9)
2005年 03月 23日

大いなる誤解 by ノリコ

深夜、モニカが寝室にやってきた。
「ノリコさん、リンクフリーを間違えてるよ」と得意げである。

先程、お風呂をもらいに彼女の部屋に行ったとき、グループスピカのブログ「海峡web版」への3人目の飛び込みトラックバッッカーさんのことを教えた。彼女は私に「エクサイトブログ以外のブログにトラックバック(TB)する方法がやっとわかった」と教えてくれた。

ところで、今回飛び込んできたのは弁護士さんだった。だから(と言うわけでもないが)、一人目のときも二人目の時も知りたかった飛び込みTBの方法を尋ねてみた。
答えは「だ~と検索して嫌われそうでないところに、ひとつづつTBする」ですって。これってすごいエネルギーがいるのではないかしら。彼がどんなキーワードで検索したのか聞かなかったが、多分、憲法9条あたりだろう。そのTB氏のブログは「情報流通促進計画」との命名にふさわしく、あれこれの情報が満載。元新聞記者であったという経歴もうなづける。

そこでノリコは考えた。「『兵庫県弁護士九条の会』のホームページに来る人にこのブログを紹介したらいいんじゃないの」
我が「九条の会」のリンクには大元の「九条の会」を始めいくつかのリンク先が載っている。(ノリコは本家の「九条の会」以外のリンクを見たことはない。全くもう、いんたーねっとってのは、人から時間を無制限に奪う代物だ、というのは余談。)

迷うことなく、「情報流通促進計画」氏に「我が九条の会はリンクフリーです」とアドレスを送って、「ここにリンクしたら?」と勧めた。

翌日、九条の会に「情報流通促進計画」氏のリンクは載ってなかった。おやおや「情報流通促進計画」氏のところに、我が九条の会がリンクされているぞ。でもその時もまだ気づかない。

そして夜の話の続き。モニカは「リンクってのは、自分のところに相手をリンクさせてもらうんよ。九条の会がOKしないとリンクできないんだよ」と威張る。
「あぁそうか。さもないと来て欲しくない人に勝手に上がり込まれることがあるもんね」と納得したノリコでした。

ところで「情報流通促進計画」氏は、私が明らかに誤解していることをあからさまには指摘しない。それは先輩に対する尊敬と優しさのためと善解している。

この文章はモニカの教えに習ってまず「情報流通促進計画」氏のところにTBしてみよう。それから九条の会にも送ろうっと。






# by grpspica | 2005-03-23 20:53 | グループスピカ | Comments(4)
2005年 03月 20日

初めてのトラックバック  モニカです。

Flowers

イギリスでも桜が咲いていると超人気ブログ「旬のイギリス」で知りました。で、ヴァンクーヴァーの桜ももう咲いているだろうなと思っていたら、やはりね。ホテルヴァンクーヴァーの前の美術館の桜も満開でしょうね。日本はまだ。
イカナゴの時期には突入しましたが、我が家はまだそのモードに入れず、バタバタしています。つくし情報もまだ入りません。カナダの巨大つくし、一度は見てみたいものです。
今日からお彼岸のlong weekendです。初めてのトラックバックに挑戦です。こんなに短いTBではコメントの方がいいのかな。さて送ってみよう。






# by grpspica | 2005-03-20 01:31 | グループスピカ | Comments(3)
2005年 02月 28日

憲法9条Q&A 5 byノリコ

質問10
では、日本はどのように国際貢献するのですか?自衛隊は解散するのですか?

回答10
 軍隊を派遣することは国際貢献にはなりません。
たとえば、インド洋での地震・津波で、インドネシアを中心とする多くの国で、被災者が出ています。このような際に必要とされるのは、医療と食料などの支援です。

 日本は世界有数の地震国であり、台風の被害、火山の被害など、自然災害の危険性が非常に高い国です。10年前の阪神大震災、去年の台風23号や、新潟大地震は日本人にその事実をつきつけました。

 日本において、国民の安全のために必要なのは、大規模な充実した装備を持ち、訓練のされた災害救助隊です。
 これまでは、自衛隊がその役割の多くの部分を担ってきました。しかし、自衛隊の本質は軍隊ですから、災害救助に不要な軍事訓練、武装に大きな時間とお金と資源を費やしています。
 自衛隊は解散して、国内的国際的災害救助緊急部隊を編成し、日本国内でも海外でも、大規模な災害に対応できるようになるべきでしょう。このことが、日本が国際社会に出来る最大の貢献です。しかも、この貢献は平和的なものですから、人命を救うことはあっても、人命を奪うことはない貢献なのです。

質問11
アメリカに守ってもらっている日本が、勝手な行動をとれば、日米安保条約にも反し、米軍に守ってもらうことも出来なくなるのではないですか?

回答11
 フィリピンは日本に比べて、はるかに経済的にも政治的にも規模の小さい国です。その一方で、日本と同じく、中国との国境問題を抱えています。しかし、米軍基地を撤廃することが出来ましたし、イラクで人質を取られると、派兵していた軍隊をいち早く撤退させ、人質救出に成功しました。日本では小泉首相が人質をとられても自衛隊の撤退を即時拒否したため日本国民の尊い生命を失いました。
 
 アメリカ・イギリスに従って、イラクにとどまっている国はポーランドやオーストラリアなど、20カ国ほどになってしまいました。日本よりはるかに小さく、アメリカのすぐそばにあって大きな圧力を受けるはずのドミニカやホンジュラスなどの中米諸国は撤退し、コスタリカは米英有志連合に加盟していることが憲法に反するという最高裁判決を受けて、有志連合からの離脱をアメリカに通告しました。

 これらのごく小さい、しかもアメリカ経済への依存性が、日本よりはるかに大きい国々ができたことを日本ができないわけがありません。特に経済においては、アメリカと日本は持ちつもたれつの関係であり、アメリカに追従し続けなければならない理由はありません。
 むしろ、ブッシュ政権のようなやり方に追従し続けていれば、きりがなく、日本が国際社会から孤立することは明白です。

 日本はアジアの一員として中国などと協力し、また、アメリカとは独自の発展をしようとしているEU諸国とも強いパートナーシップを持つことができます。従来のアメリカとの友好を維持しつつ、それになんでも付き従うのではなく、独自の平和外交をすることは、日本の発展にとって十分可能だし、とてもよいことなのではないでしょうか。







# by grpspica | 2005-02-28 19:27 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 02月 28日

憲法9条Q&A 4  byノリコ

質問8
むしろ、日本も相手の攻撃に対する抑止力として、先制攻撃や核武装を考える時期ではないですか?

回答8
 もし、相手の国が攻めてきそうだからといって、先制攻撃をこちらからするという選択肢を持つことになると、どうしても早め早めに攻撃することになります。結局、戦争をこちらが仕掛けるのと同じになるでしょう。またも、日本が侵略国になるのです。自衛の名の下に、イラクに攻め込んで泥沼化している米国らがいい例です。

 先制攻撃をなしうる体制になれば、相手との緊張は極限まで高まり、不要な武力紛争が起こる可能性が極めて高くなるでしょう。
 自衛のための核兵器の使用は考えられません。他国から攻めてきた軍隊に国境付近で核兵器を使用すれば、日本国民も被爆の苦しみにまたも60年以上さいなまれることになるのです。核兵器は攻撃兵器です。しかも自分に跳ね返ってくる兵器なのです。

 また、先制攻撃に使用することは、日本人が人間性を失うことです。自国でなければあの広島・長崎の悲劇を味あわせてもいいと思いますか?それが国際人道にのっとったやりかたでしょうか?
 国際社会で生きていくことは出来なくなるでしょう。いずれにしても、放射性物質は気流で日本列島を襲い、黒い雨が日本にも降りますよ。健康被害を考えてください。

質問9
イラクや北朝鮮のような独裁国家では国民が苦しめられています。餓死者、拉致、人権抑圧などを日常的に繰り返しているこのような国を見過ごしにしていいのですか?独裁国家の国民を解放する「正義の戦争」もあるのではないですか?

回答9
 戦争によって問題が解決しているでしょうか?イラクでも、今回の戦争で10万人以上の国民が亡くなっているという報告があります。イラクの国民自身がこのような悲惨な結果を望んでいたとは思えません。

 国の行く末をどうするか決めるのは、その国民です。それが、国民主権や民族独立の原則という、国際社会で広く認められたルールです。独裁国家でも、その国家のあり方を変えるのはその国の国民であるべきです。他国の軍隊が侵略し戦争をして独裁者を倒しても、あとに残るのは、憎しみと破壊だけです。

 我々、他国の国民がすべきことは、他の民主主義国家と協力して、独裁国家と呼ばれる国家の国民が本当に望む改革を側面から支援することでしょう。あくまでも、主役はその国の国民であることを忘れてはならないと思います。まして、武力を行使することは、新たな大きな問題を多数作ることにしかなりません。






# by grpspica | 2005-02-28 19:23 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 02月 28日

憲法9条Q&A 3 byノリコ

質問6
中国や韓国とは国境問題を抱えています。国境問題だけでなく、エネルギー問題に関わる尖閣諸島や漁業権の問題に関わる竹島の問題はどう解決するのですか。相手の国が先に軍隊で占領してしまったら、取られてしまうのではないですか?

回答6
 でも、現に、どの国も軍隊を出して占領してしまうようなことは過去にしていませんよね。
どの国も平和のうちに解決したいとは望んでいるのです。外交の中で、有限な資源を共同開発していく話し合いが必要でしょう。

 国境の問題、どちらの領土かという問題は、当事者両国が同意すれば、国連の主要機関である国際司法裁判所で扱うことが出来ます。過去にもいくつかの国境紛争が国際司法裁判所で解決されています。

 日本も周囲の国と話し合い、国際司法裁判所でお互いの主張を述べ、この裁判所の判断に従うというルール作りをしていくべきでしょう。

質問7
北朝鮮が核兵器の保有宣言をしました。なのに、日本は軍隊を捨てるという選択でいいのですか?

回答7
 北朝鮮の核兵器保有宣言は、国際社会の平和に対する大きな挑戦ですから、これ自体は許されるべきではありません。
 しかし、本当にすでに核兵器を保有しているかどうかは、専門家の間でも、意見が分かれています。米国内もまだどちらとも判断がつきかねているようです。

 核兵器が北朝鮮だけではなく、イスラエル、インド・パキスタンやイスラエル、これからはイランなどに拡散しており、拡散しつつある問題は、そもそも、核五大国だけが核兵器を持てるという核拡散防止条約(NPT条約)の不平等性にあります。
 この条約には、核保有国が核軍縮のために誠実に努力をしなければならないという約束も明記されていますが、アメリカ、ロシアをはじめとする核大国はこの約束を守ってきませんでした。

 自国が核兵器を保有しているのに他国には持つなという議論は説得力を持ちません。また、アメリカの核の傘の下にいる日本が他国に核を持つなというのも無理な話でしょう。

 北朝鮮はロシア、中国、アメリカという核大国に囲まれています。貴方と同じ、核兵器で核兵器を抑止するという発想に立って、核兵器保持を宣言したのです。
 北朝鮮に核兵器保持を断念させるためには、北東アジア全体を非核地帯にすること、全世界で、核兵器を廃絶する条約を締結することが必要です。

 現在、広島・長崎両市長を中心とする多くのNGOが、2010年のNPT条約再検討会議での核兵器禁止条約締結、2020年の核兵器全廃を目指して活動しています。日本も、他国への派兵より、「唯一の被爆国」としてこのような動きの先頭に立つべきでしょう。







# by grpspica | 2005-02-28 19:19 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 02月 28日

憲法9条Q&A 2 byノリコ

質問4
なぜ、軍隊を持つのは良くないことなのですか?

回答4
①まず、他国への侵略の危険です。
 自衛の名の下に他国を攻めてしまう可能性があること。米国のイラク戦争がその典型ですね。

②軍隊は人を殺すための集団です。
 さらに、軍隊は人殺しをする専門集団なので、中にいる軍人の非人間性を招き、人権侵害を起こすこと。これは国内でも国外でもあります。
 たとえば、中国の天安門事件や韓国の光州事件では、自国の軍隊により、多くの国民が亡くなりました。イラクでも、英国も米国も捕虜を虐待していることが判明しています。

③軍隊・武器にはお金がかかります。
 たとえば、日本の軍事費は年間5兆円で、一年間の予算の10%になります。
 このたび導入されようとしているミサイル防衛網は北朝鮮がミサイルを発射したとして10分で日本に到達するので、役に立たないといわれていますが、総額1兆円の費用はくだらないといわれています。
 アメリカは核兵器の維持だけで、年間4000億ドル、日本の国家予算に匹敵する資源を浪費しています。

 これらのお金が、日本国内の教育や雇用・景気対策にまわされたら、世界の貧しい人々の健康と安全に使うことが出来たら、どんなに世界が平和で明るくなるでしょうか?
軍事費は世界の平和の役には立たないのです。


質問5
それでも、日本の周りには、北朝鮮や中国のように、日本に反感を持っている強大な軍事力を持っている国がいるので、日本が軍隊を持たない、武器を捨てることはあまりにも危険ではないですか?どうやって、日本の安全を守るのですか?

回答5
 二人の人間が拳銃を握り締めて向かい合っている状態がどれだけ危険が想像できますよね。国と国とが国境をはさんで軍隊を持っているのも同じ状態です。

 安全のためにこそ、互いに話し合いながら、拳銃・武器を手放していくべきでしょう。
もちろん、軍備縮小は段階を追って行われていくことになります。

 その中で、人間の交流=人的交流、貿易・援助などの交流=物的交流、互いの国民性・風土の理解=文化交流に努め、それらを基礎とする平和外交が同時にすすめられなければなりません。

 国土の場所をお互いに移動させることは出来ません。周囲の国と永久に共存していくためには、軍隊のない国を目指すのが一番なのです。







# by grpspica | 2005-02-28 19:15 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 02月 28日

憲法9条Q & A 1 byノリコ

遅まきながら2005年2月に結成された私の所属する9条の会では
憲法9条110番を実施することになりました。毎月9の日に電話による質問に応じるそうです。毎月ですよ。信じられないなぁ。
で、いま、作成中の想定問答集の中の一部をご紹介します。
質問や感想をコメントに書いて下されば、9条の会に取り次ぎます。 ノリコ

問1
世界には実際に軍隊を持っていない国があるのですか?

回答2
 中米のコスタリカは、1949年の内戦を反省し、以来軍隊を持っていません。小機関銃や哨戒艇などだけを持つ、国境警備隊しかないのです。

質問2
コスタリカはどうやって国を守っているのですか?

回答2
 コスタリカはグアテマラ、ニカラグア、エルサドバドルなど、多数の紛争頻発国に囲まれています。
しかし、
①平和教育の徹底
②周囲の諸国からの積極的な難民受け入れ
③難民まで含めた医療費・教育費無料など手厚い教育・福祉政策
④コスタリカに置かれる米州人権裁判所など、積極的な調停・平和外交で、周囲の諸国から信 頼が厚く、攻撃を受ける可能性を全くなくしています。
 このことで、アリアス コスタリカ大統領はノーベル平和賞を受賞しています。

質問3
日本とコスタリカでは日本のほうが豊かなので周囲の国は攻めたくなるのではないですか?

回答3
 確かに日本のほうがコスタリカよりはるかに経済的規模の大きな国です。
周囲の国がここから利益を得ようとすれば、世界から非難される侵略よりも貿易・ODAなどを選ぶはずです。
 侵略で日本を占領しても、大切なライフラインは破壊されますし、肝心な優秀な日本人の協力も得られません。
 現に、核保有国である中国も、軍事的にではなく、日本との経済的な協力の道を選んでいます。






# by grpspica | 2005-02-28 13:55 | 命・平和・人権 | Comments(0)
2005年 01月 28日

花 束  by 原 真砂子

a0019212_9394627.jpg


この間、田中千香士先生と初めてお電話でお話しました。ピアニスト田中希代子先生の弟さんで、ヴァイオリニストです。
田中希代子さんは、俗気のない秘やかな、音やフレーズの最小部分に霊妙な輝きがあるタイプのピアニスト。それゆえ、誰にも理解が出来ない部分がある音楽家でした。
影を音にすることも上手でいらしたし、独自の詩、歌の世界に住んでおられました。

私はパリのオートクチュールのような縫製力を持つ、あなたの端正な演奏が好きです。女性なら、一度は身を包んでみたいような、美しい線の数々。
反面、工場労働者のような、額に流れる「汗」を合わせ持つ、その演奏には、生きることの厳しさと貴さを感じます。
あなたのお料理上手もターチンの運動神経も、全てその類い稀なる演奏に表れていますね。

神様の音楽の国とこの汚れた人間界とのあわいを、あれ程純粋に清純にして精緻極まる敏捷性と、類い稀なる謙虚な心で生きた音楽家は、今後も出ないでしょう。

ところが真の芸術品にこもる神の領域のオゾンを、これ以上人間に与えまいと、天の計らいは、あなたのピアノを弾く手を所望して奪ってしまった。小さな少女が神の生け贄となるように。田中さんは、人の生命の輝きのために、その身を投げ出して、すべてを与えて下さった。
こぼれる涙は、田中希代子さんが、かって音を通して私に与えて下さった「真珠」のような気がします。

この世に生まれて、愛して止まない、自分の魂が高められる方の音楽に恵まれて、どんなに幸せなことでしょう。
体が弱った時、寝床で私をやさしく見つめる花。傍らにいるのに気づく清楚な野の花のように、あなたの音楽は、私を守り励まして下さいます。

「女性としての嫌味がなく女を売り物にしない田中さんがとてもエロティック」というと、特に不朽の名作サン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト風」の第2楽章、ネイガウスが「ムト・ムネ・エムトの性的情念を感じる」と話していた楽章では、見事にアラビアの踊りを表現なさって作曲者のサン=サーンスもびっくりするような永遠の世界を思い出します。


さてさて私はグールドファン。だから喋り出すと止まらない。
寡黙でいらした田中希代子先生。グールドは田中さんの演奏を聴くことがなかった。
田中さんはきっとグールドはお好きではなかったでしょう。お二人は正反対だから。
田中さんのお好きなクララ・ハスキルに私が馴染めなかったのはハスキルは強過ぎて、怖かったからです。今はハスキルさんと一緒にいらっしゃるのですか。きっとツァラトゥストラのあの山に、お2人は住んでらっしゃるのね。

あなたの2月5日のお誕生日と2月26日のご命日のために、どんなお花を用意しましょうか。グリーンが好きでいらしたとの事で、グリーンを中心に淡い色のお花が、ポッポッと目立たなく見えるような花束と、なんといってもバラの花束。バラだけが田中希代子先生にふさわしいように思います。

a0019212_216936.jpg






# by grpspica | 2005-01-28 09:40 | 音楽・哲学・宗教 | Comments(0)
2005年 01月 16日

5502人からの手紙   by 姜 光重(カン カンジュン)

                                           
地震で町はくずれたけれど
火事で町は消えたけれど
ここが僕らの育ったところ
ここが僕らの住んでたところ
今でもあなたが生きてる街角

地震で町はつぶれたけれど
地震でいのちは壊れたけれど
僕らは消えたわけじゃない
空の向こうのそのまたかなた
遠くであなたを見守ってるよ

あなたは僕らに気がつかないが
僕らはあなたのそばにいる
時々背中をそっとなでて
風の便りを送ってあげる
春が来たのを教えてあげる

会いたい人とはいつでも会える
行きたい場所にはどこでも行ける
つぶれた手足も今はしなやか
空を自由に駆けめぐり
どこかであなたを応援してる
どこかで神戸を応援してる





# by grpspica | 2005-01-16 12:38 | 命・平和・人権 | Comments(1)
2005年 01月 13日

子供の時 ⑻ 祖母 byマサコ

 
a0019212_10161889.jpg

生活に疲れていた母に比ベ、祖母と街を歩くと良家のお嬢様になった気持ちがした。それもそのはず、祖母は東京の上流階級の出身であった。曾祖父は検察官を経て式部官になった。そして明治天皇や皇族が日本各地で「一夜を共にした女性」から生まれた子供達を集めて教育を授けて宮家を設立した。それ故、祖母は千代田区の広大な敷地の中で暮らし、当時の一流人達とも交わりがあったと聞く。
 私はこの祖母64才の時の最後の孫で、祖母が74才で亡くなるまで晩年の生活を共にした。

a0019212_10165513.jpg


 何でも出来た人で、津田塾2回生主席卒業後、祖父と結婚するまで甲府で英語の先生をしていた。大変な働き者で、若き日は3時間しか眠らなかったという。母の話によると祖母は、朝5時に起きて、朝食の支度をしながら庭の畑を見回り、新聞を読みながら編物をする。家の中をホテル並に掃除をして、台所の床が少しでもべタベタすると日に2度は拭いていた。足の裏が少しでもべ夕つくのが耐えられなかったそうだ。外国のファッション雑誌を見ては型紙がなくてもデザイン通りの服を作り上げ、それはとても美しかったとの事。庭にはいつもお花が一杯。科理の腕は一流コック並みだった。若き日に能、仕舞い、邦楽一般をこなし、スポーツはホッケーまでした。教会ではいつもオルガンを弾いていた。又、歌が上手で人前で歌を歌う時だけ出歯が気にならなかったそうだ。そして夜中の12時を過ぎるといつも午前2時まで英語の勉強をしてから寝た。 

 世の中とは皮肉なところだ。勤勉で優秀な女性より、怠け者で無能な女性の方が運をつかみ、苦労の無い人生を送ったりする。祖母は、美男美女の兄弟の中でどういう訳か全く美人でなかった。そして生まれるのが早過ぎたのである。
 何でも出来過ぎる不幸と、ふさわしい場所を得ない不幸、世間の波長に合わない俗っ気の無さ。その世渡り下手の生き方は娘の結婚に大きく響いた。
 私が子供の頃に家庭内で見たものはまさしく自分の運命が配偶者によってデタラメにされていると悲嘆と憎悪に明け暮れした女性の葛藤であり悲劇だった。また「配偶者」ではないが一緒に寝起して食事を共にする家族に対して、憤慢やる方ない不満と違和感をもつ人間の姿だった。 

 あの嵐のような女性の感情を見て育った私は、数年前、自分なりの結論を出した。
「男の人は自分より上のレベルから配偶者を選ぶべきではない。どんなに頑張ってもボロクソに言われてしまう」というものである。しかし義理の息子への僧悪、一緒に住まなければ全く生まれなかった数々の悲劇も、反面では沢山の実りを生んだ。

 祖母と母の手芸品作りの才能は、今でも私の人生に大きな励ましとなっている。姉二人のマフラーと夏用のレースの帽子は母が編んだけれど、私の物は祖母が編んだ。学校のバザーの時など、祖母の作品を学校に持ち込むのは誇らしかった。祖母の作ったものはとても美しかった。
 祖母のお陰で庭にはいつも沢山の花が咲いていた。特にバラはあれこれあってとても美しかった。小さな畑からあの当時まだ珍しかったブロッコリーが採れた。祖母は自分のお碗のおつゆの実となったブロッコリーを象牙のお箸で私の口の中にそっと入れてくれたことがある。多分母が一番おいしい所を祖母に入れたのに孫の私に食べさせたかったのだろう。祖母が種から育てたブロッコリーはそれはそれはおいしかった。

 今も持っている英語の子供用の辞書は、祖母が丸善で私に買い与えてくれたもの。
a0019212_9591498.jpg



またラジオで英語を学ぶ方法を私がつかんだのも祖母の影響だった。台所仕事の合間、音もたてずに放送を聞かせている孫達の所に偵察にやってきては、障子をいきなり開けて、「又、そんなお行儀をして聞いている」と怒鳴りつけた。基礎英語が終ると時間通りに英会話を聞きに現れた祖母。

 お風呂では、いつも石鹸をつけたタオルで私の顔から始めて全身をていねいに手順良く洗ってもらった。祖母の鎖骨の上の所には大きなくぼみが出来るので、そこに手を伝わせながらお風呂の水を入れてよく遊んでいた。

 夜は布団を並べて寝る前に本を読んでもらった。この本読みが心臓の悪い祖母にはどんなに負担だったろう。本の内容の感動的なところでは二人して泣いてしまった。読めなくなって泣いている祖母に「おばあさん、はやくぅ」と涙声で次を急かせることが多かった。
 私は「お母さんはさせているようだが私はそんなことをさせませんよ」という祖母のおっぱいを、いい年をしてさわりにいった。

 祖母が亡くなった日、私はバッハのインヴェンシヨンの6番を弾いていた。夜、祖母の部屋に行くと「あなたは本当にピアノが上手ね」と言った。そして二人でお祈りをした。祖母の部屋を出る時、私はなぜか見納めのように祖母の姿をじっくり見てから戸を閉めた。その頃は母と姉達と同じ部屋で寝ていた。

 夜中に目を覚ますと部屋の中の上の姉と母がいない。
家の中が夜中なのに妙にザワついている。
「誰かぁ。何があったの?」と寝床の中で大声を出した。
 しばらくすると父と上の姉がやってきた。
「マサコ、びっくりしないでくれ。おばあさんが亡くなった」と父が告げた。
かつて祖母が父と激突した時、「僕に死ねというのですか?」と父が怒鳴り
「死んだらいいでしょう」と喧嘩していたその義理の息子から祖母の死が伝えられた。
記憶にある身内の最初の死だった。私はワーッと泣き出した。

 母の話によると祖母は夜更けに「心臓発作を起こした」といって部屋から出てきた。
両親は祖母を子供達が寝ている部屋の北側にあるピアノの部屋に連れて行くと、1人が医者を呼びにいった。祖母はお弟子さんが座るための出窓風のベンチに腰掛けていた。近所の医者が往診にきて下さり、注射が効いて発作は治まった。ところがこの先生は発作を起こした直後の祖母に、その後あれこれ雑談の質問をして喋らせたらしい。後にそれが心臓発作を起こした人に決してしてはならない処置であったことを知った。質問された祖母は丁寧に答え、最後に「これでだいぶ気分が良くなりました。どうも有難うございました」と言った途端、強い発作が起こり、祖母は「アッ」といってまるで「さよなら」のように手を振ってそのまま逝ってしまった。

 1962年12月15日の夜の事だった。祖母は最後の入浴の時に洗濯をしている。お風呂場で手洗いした大きな洗濯物が2つ、驚くほどよく絞ったままの形で洗面器に残されていた。その洗濯物の絞りの彫りの深さが今でも私の目に焼き付いている。その固く絞られた白い洗濯物をほどいて干すのはとても悲しかった。

 祖母の葬儀の時に故人の愛した賛美歌として、
「御神の風をば 帆にはらみて 今日しも我が舟 出で行くなり」が歌われた。
賛美歌302番が祖母の愛唱賛美歌だとは知らなかった。
 人生、1日たりとも怠けること、だらけることの無かった祖母。天皇制に近過ぎて、おそらく天皇家のおかしさなど、夢気付かなかったであろう祖母の人生。祖母の晩年10年の人生が、人生の初心者である孫の真新しい人生のページに書き記した事柄はあまりにも多い。



戻る 子供の時(6) バースデーケーキ byマサコへ



************************

# by grpspica | 2005-01-13 18:10 | グループスピカ | Comments(17)
2005年 01月 12日

子供の時(7) 鍼灸院 byマサコ


子供の頃、足の裏がよくつった。痛くてたまらないし、よく歩けなかった。歩いている時足がつると、少し大きめの石を捜して,その上に足を乗せて、上手に体重をかけて戻そうとした。私はよく転んで足の膝下はいつも内出血の青アザで一杯だった。
そんな時、明石の「テラダ」という鍼の先生のところに通うことになった。小児鍼は当時100円であった。私は「心臓性のリウマチ」と診断された。
「テラダ」先生は気難しい、人をよく見る眼を持った偏屈なよい人だった。いつもとてもよく治療していただいた。

通い出してすぐにご近所の松本さん一家も通い出した。娘のみよ子ちゃんは小学校も同級で、よく一緒に通った。松本夫人は出歩くのが好きで、専業主婦なのに家事もロクにしないことで有名だった。その上、ケチンボでお金を出す時に惜しそうに出すので、その事も話題になっていた。

私はその頃、「げっぷ」という言葉に興味を持った。どういう意味かと母に尋ねると「お金を一度に払わず、何回かに分けて払うこと」と説明してくれた。「げっぷ」といっても口から音の出る「ゲップ」ではなく、『これは大人用の言葉』と私はいつか使える日を楽しみに頭の中に入れた。

さてある日、治療が終り、私は先生に100円のお札で治療費をお払いした。ところが、みよ子ちゃんは財布を袋の中に入れたまま、まず10円を先生に手渡した。「はい」と受け取る先生。みよ子ちゃんは袋の置いてある場所に戻ると、今度は20円、先生に手渡そうとしている。治療室といっても待合所も一緒で8畳もない。部屋の片隅にベッドど先生の机が置いてある簡素なもの。人気の高い治療師である先生を頼って、朝5時から人が押し寄せる家である。畳に座って待っている人の中を掻き分けみよ子ちゃんは又自分の袋の所に戻ると手を突っ込む。

一体この人は何をしているのだろう? 私は首を傾げて考えた。考えに考えた末に「これぞ正しく『げっぷ』だ」と思った。それでみよ子ちゃんが先生に小銭を渡している時に、「みよ子ちゃん、げっぷでお払いしようとしてるの?」と元気よく尋ねた。
先生もそこに居合わせた大人達もドッと笑い出した。「げっぷだって」と先生はヒィヒィ涙をこぼして笑いこけている。
みよ子ちゃんは10円玉を数回運んでやっと100円にした。皆につられて子供二人も笑ってしまった。

大人になった今日、みよ子ちゃんの奇抄な振る舞いがよく解る。人のお礼も惜しがる母親の心そのままに行動していたのだろう。その事も解って、周囲の大人達はあんなにヤンヤの騒動で笑っていのだろう。

先生の机の上にいつもミルク紅茶が途切れる事なく置かれていた。奥様によるとミルク紅茶以外はお飲みにならなかったそうだ。その大きめのお茶碗のレモン色が壊かしい。

next 子供の時 ⑻ 祖母へ
戻る 子供の時(6) バースデーケーキへ







# by grpspica | 2005-01-12 11:14 | グループスピカ | Comments(2)
2005年 01月 11日

子供の時(6) バースデーケーキ byマサコ

a0019212_2082954.jpg


私たち一家は体が弱い。昔も弱かった。子供達はしょっ中、眼と耳をやられて2カ所の町医者に通うのが常だった。上園眼科には三姉妹で数年通った。毎日行くので、治療費は年に数回まとめて払っていた記憶がある。
独身の女医さん、リン子先生は、西洋映画の女優さんのようなまなざしをもっていらした。おツムに真っ赤なベルベットの帽子を被って外出なさった。華麗なシングルの職業婦人のハシリだった方である。

ある年、先生から電話が掛かってきた。
「9月16日のマサコさんの誕生日にケーキを買ってあるので取りに来てください」とのこと。祖母と二人で取りに行った。先生は私をおんぶして駅まで見送るとおっしゃって、私をおんぶして歩かれた。リン子先生はやはりお母さんがしてみたかったのだろう。祖母は微笑みながら、大きなケーキの風呂敷包みを下げて後ろから歩いていた。

その丸い大きなケーキは白一色の生クリームで飾られ、表面にはピンクの大きなバラがそれは美味しそうに並んでいた。私は息を飲んで見つめた。
先生は、私がいつも見ほれているあのお菓子やさんのショーウィンドーからこのケーキを買われたのだろう。ところが、「夜遅いから甘いものを食べてはいけない。明日になさい」との言葉で私は寝ることになった。それがこのケーキとの永遠の別れであった。

翌日、学校から帰ると戸棚の中のケーキを捜した。いくら捜しても見つからない。
「お母さん、ケーキがない。ケーキどうしたの?」と聞くと、それまでシンとしていた別な部屋から母の困った声が聞こえた。
「ケーキね、タベお兄さんが夜遅く、お腹が空いたというから一切れケーキ出したの、そしたら、『悪いかな?』と言いながら後の残りも全部食べてしまったの。おばあさんも私も『いいよ』って食べてもらったの。あんなケーキ、いつでも、どこでだって買えるのよ。今度買ってあげます」
私は胸がつまった。いつだって家にケーキがあったことなどないのに。どこだって買えると言ったって、この家で買えたことがないのに。

10数日後、遅れに遅れてケーキがあった。びっくりするほど小さい。どこでこんなに小さな丸いケーキを見つけたのだろうか? 白い生クリームの代わりに薄いチョコレートが貼りつけてある。そして色生クリームの代わりに赤い実だとかアンゼリカに添える緑砂糖菓子の葉っぱとかが乗せてある。パチンコ玉のような小さな銀のボールのお飾りを噛むと、ガシッと歯医者のアマルガムの様な効果が歯の上と口全体に広がった。

本当のお母さんが買ってくれたケーキ。大きなケーキをリン子先生が下さらなければ買ってもらえなかっただろう。お母さんには、あのケーキを見つけるのが大変だったのではないかしら?



next 子供の時(7) 鍼灸院 byマサコ
戻る 子供の時 ⑸ 聖マリアの園幼稚園その3へ





*************************

# by grpspica | 2005-01-11 09:42 | グループスピカ | Comments(0)
2005年 01月 09日

子供の時(5)聖マリアの園幼稚園その3 byマサコ

a0019212_0221256.jpg


けが 
 それは保育時間が終わった後のことだった。私は男の子と二人で園の遊び場で遊んでいた。そこへれい子ちゃんという女の子が加わった。れい子ちゃんは鉄棒のうんていがとくいなのか、すごい勢いで手長ザルのように運動して見せていた。
 感心して見ているとある瞬間、手が離れてワッと言いながら地面に顔をぶつけて落ちた。落ちた場所に鋭い石でもあったのか、顔面から血がしたたり落ちて止らない。すさまじく血が流れた。れい子ちゃんは泣き叫んでいる。私は腰を抜かしていた。子供が大慌てで先生を呼びに言った。かけつけた園長先生はれい子ちゃんを見ると顔が真っ青になった。私は大怪我になったと思った。
 その後、れい子ちゃんは顔とおでこを幾針も縫う大怪我のために園を長い間お休みした。久振りに登園した時は、包帯の白さが痛々しかった。次にそこはバンソーコーのガーゼになっていた。私はれい子ちゃんに「もう良くなったの?」と尋ねたが、れい子ちゃんは返事をしなかった。あの場に居合わせたのにまるで他人事でしかない私に怒っているのだなぁと気になったけれど、もうそれ以上話さなかった。


おにぎり 
 阪神パークへの遠足が近づくに連れ、ノイローゼが始まっていた。気掛かりは母の得意とするところのおにぎり弁当だ。麦が入ったご飯を大きく3つおにぎりにして、ゆで卵1個とおしんこ3枚とあれば塩コブ。竹皮に包んである。手に直接持って食べてもいいようにお医者さんの往診用のアルコール綿を入れた消毒用の入れ物、これもお弁当の一部だ。これがわが家の遠出の時の定番のお昼だった。
 お弁当そのものは嫌ではなかったけれど、いたずらっ子に見つけられて、からかわれるのは嫌だった。
 遠足の当日、お昼になるとわざと皆から離れた。皆が食べている斜面を避けて丘を登り反対側の斜面を少し降りたところで、恐る恐るおにぎりを食べていた。「もう安心かなぁ」と思った頃、ふいに後から「あっ、あんなおもろいおにぎり、食べとらぁ。」
と声がした。早飯が得意で自分のお弁当を食べ終えた後、人のを覗きに来る人がどこにでもいた。一緒にいた子も可笑しそうに声ををたてて笑っている。
 「やっぱりやられたぁ」と悲しかった。人と同じ様なお弁当を作って欲しかったが、母に頼めず悩んでいた。皆と一緒でないと心地悪い、そんな日本文化の影響をあまり持たないわが家で、一人、人の目を気にして悩むようになったあの当時の私の事は未だに不思議である。
a0019212_0204913.jpg

a0019212_0211921.jpg

a0019212_0213820.jpg


卒園写真
 私はその日、寝癖のついた髪の毛がパーマのようだと気に入っていた。何となくいい気分で登園すると「先日卒業写真を写す時にお休みしていた人達4人だけで写真を撮りますから」と言われた。
 その中には相撲力士の「あんねん山が好き」ということで意見の一致した男の子も入っていた。撮影の際、先生達は証書をどちら向きに持たせるか分からなくなったと慌てておられた。挙句、反対の持ち方の四人が別刷りの写真でアルバムに載ることとなった。
 「あんねん山の君」は「おにぎり」のことを笑ったあの悪ガキであった。でもそんなことはどうでもよかった。髪の毛のカールと個別に写す写真がとてもうれしかった。
 ズボラなくせに変なところで見かけに気を使っていたのかとおかしくなる思い出である。
a0019212_0173025.jpg

a0019212_0175514.jpg


ひなまつり
 毎年3月、園では園児達でヒナ段を作ることになっていた。私は最初は5人囃、翌年は3人官女に選ばれたけど、実はおヒナ様になりたかった。最後の年にコダンヨーコさんがおヒナ様に選ばれた時はとても残念に思った。
a0019212_0191074.jpg

a0019212_0193576.jpg


 小学校について、先生方から「マサコさんは繊細すぎて、ひ弱でとても公立の小学校に通えるお子さんではありません。この上の私立のI学園に入学なさっては如何がですか?」とのお話があり、そのアドヴァイスを受けてIカトリックの学園に入学を決め、園とはお別れした。
 女雛になったコダンヨーコさんとは小学校も一緒だった。

 若葉園の園長先生とは今でもお付き合いがあるが、「デリケートな、春の陽ざしの中にいつまでも置いて置いてあげたいような子供だった」と話して下さった。
 あれから40年。アメリカでは「人生に必要なことは全て幼稚園で習う」という題名の本がベストセラーになった。「幼稚園にて」を書き終えてその本の題名が全く本当のことであると痛感している。

next 子供の時(6) バースデーケーキ へ
戻る 子供の時(4)聖マリアのその幼稚園その2へ








# by grpspica | 2005-01-09 15:53 | グループスピカ | Comments(0)
2005年 01月 09日

子供の時(4)聖マリアの園幼稚園その2 byマサコ

a0019212_0124325.jpg


知能テスト 
  知能テストがあった。結果は知恵が遅れているとのことだった。後年、ニヤニヤしながら兄が教えてくれたが、母は「マサコは知恵遅れどころか知恵が進んでいる。ぶっ壊れているのはテストの方だ」と憤慨していたそうだ。
 知能テストの問題の中には、『丸の中に三角形を入れてください』とあって丸が描かれていた。私は『丸の中に三角なんて入らない』と、ただそう思った。次に先生が「これから横向くから、私の横顔を描いてください」と横を向いた。他の子供は、サッサと鉛筆を動かしている。その事の方が不思議だった、私はジッと先生の横顔を見つめていた。このテストは絵を中心に設問されていたため、図形の苦手な私は頭が混乱してうまく答えられなかった。
 人の頭の善し悪しは適材適所で測られるべきだろう。どんなにいい頭でも場違いの所で働かないのは当り前ではないかと思う。

マクルーハンは「メディア論」の中でこう言っている。
「われわれが誤った基準をわんさと生み出してしまったのが知能テストだ。活字文化のバイヤスに気づかないまま、検査者は画一的で連続的な習慣を知能のしるしと思い込み、それによって聴覚人間と触角人間をはみ出させてしまう」(「メディア論 第1章「メディアはメッセージである」p17)

まさしく私ははみ出された子供であった。



けんちゃん 
 クラスには、けんちゃんという男の子がいた。けんちゃんは全身に悲しみを漂わせている子供だった。園の敷地内には小規模な寄宿施設があり、家庭に事情のある何人かの子供達がそこから学校に通っていた。おそらくけんちゃんもそこに預けられていたのだろう。けんちゃんと触れ合うシスターや先生方のまなざしには、他のどの園児へのまなざしとも違った配慮があった。子供心にけんちゃんが大人達と親しいのを感じていた、時折先生は、「ゆうべ、けんちゃんとご飯を食べた」とか自然に話していた。けんちゃんを励まして他の園児の中に溶け込ませたかったのだろう。
 けんちゃんの親が幼稚園に現われた記憶はない。けんちゃんは中耳炎を患っていて、いつも耳だれが出ていた。どんなに包帯がよく巻いてあっても、とても臭い匂いがした。でもそのことで、けんちゃんをはやしたり、いじめる子は一人もいなかった。ツボタニ先生は、皆で何となく雑談する時、よくけんちゃんを抱っこしていらした。

 そんなある日、お弁当の時間にけんちゃんがいなくなったことに気付いた男の子が大声で尋ねた。「けんちゃん、どこへ行ったの?」 ツボタニ先生は「けんちゃんはトイレよ」と答えたついでに茶目っ気を起こしたのか、「けんちゃん、今、ウンコしているの」と楽しげに話した。どおりで長いこと戻らない訳だと子供達はまた、お弁当を食べ出した。

 でもウンチの匂いを想像してしまい、食事がのどを通らなくなってしまった園児がいた。私だ。毎朝、駅に向かう道で大人の男達が道に痰をはく音を聞く度にその汚さと自分の靴の裏にそれが付く恐怖で生きているのが急に辛くなるそんな神経質な子供だった。

 けんちゃんは卒園まで幼稚園にはいなかった。もし卒園写真に写っていてもきっと影の薄い、やっと見つけてもらえるような存在だっただろう。


お遊戯会 
 舌切り雀のダンスを踊った。園児達は人のを見様見真似で踊っていたためか、本番の舞台で、踊りが完全に止まってしまった。。その時、舞台の袖にいらしたシオミ先生がダンスを踊って下さり、いち早くそれに気がついた子供がその真似をすることで、全員がダンスを思い出した。「先生は頼もしい」とシオミ先生のダンスを一番近くで見られて私は感激した。
a0019212_0145761.jpg


お弁当
 冬になるとストーブの回りに金網の囲いが置かれた。子供が火傷をしないように置かれた銀色の金網。その上に早い者からお弁当を置いておくと、お昼には暖かいお弁当が食べられた。卵焼など茶色になるのが悲しかったが、暖かいので楽しかった。

 ある日のこと、左手でストーブの上のお弁当を取って、右手で支えているお盆の上にその弁当を乗せたところで他の園児が話しかけてきた。そのままの姿勢で答えていた。と、私の体にぶつかった男の子がいた。弾みで私の体は揺ぎ、弁当箱が床に落ちた。蓋が開いて全く食べられない程、ご飯が床の上に散らばった。
 男の子は「すまん」と男らしく頭を下げたが「しゃべっているからだよ」と鋭いことを言った。確かにお弁当を取ったままの姿勢ではなく、すぐ席に戻っていれば‥‥。でもぶつかる時はぶつかるし、食べられなくなる時は食べられなくなるもんだ。

 誰がどう、掃除をしたのかも覚えていいない。受け持ちの先生は席をはずしておられたように思う。私はトイレに行き、手洗い場の園児個人用のタオルがかけてある場所で自分のタオルに顔を埋めてオンオン泣いていた。昼食の時間なので園児は一人も入って来ない。
 その時泣き声を聞きつけた園長先生が「原さん、どうしてそんなに泣いてるの?」と入って来られた。先生は話をよく聞こうと私の目の高さにしゃがみこまれた。訳を話すと「大丈夫だから、お部屋に戻って待っててね」とおっしゃった。

 部屋に戻るとシオミ先生は、なぜか最初から全部知っているように落ち着いていらした。
 他の園児が食事中、若い女性がトーストを乗せた二枚のお皿をお盆に乗せてシズシズと現われた。その人は私と並んで腰をかけると一緒に食べ出した。
 園内には直接幼稚園のことには関係していない若い女性の姿がよく見かけられた。彼女もそんな一人だったのだと思う。今まで会ったことのない人だったけれど、なぜかトーストを二人でいただくと、お弁当がフイになった悲しみが薄らいだ。私はトーストとこの女性の顔を交互に見ながら『この方はいつもお昼にトーストだけ食べているのかしら?』
と思いつつお昼を済ませた。


next 子供の時(5)聖アリアの園幼稚園その3へ
戻る 子供の時(3)聖マリアの園幼稚園その1 へ







# by grpspica | 2005-01-09 10:17 | グループスピカ | Comments(1)
2005年 01月 08日

子供の時(3)聖マリアの園幼稚園その1 byマサコ

a0019212_10243289.jpg

 いじめっ子のお陰で新しい幼稚園に行くことになった私には「電車通園」というものが待ち受けていた。
 今は明石海峡大橋の建設で見る影もなくなったJR舞子駅の南側の風景。当時は深緑色の松の美しさに海の青さがよく似合って、松林を吹き抜ける風が海の香りを運ぶ別天地だった。毎日、電車を待つ間、松の間の向こうの海の青さをパレットの中の絵の具のように飽かずに眺めていた。 

 私は、ゆり組に入った。毎朝ホールのような所でカトリックの話しを聴かされるのは嫌だった。朝日が強すぎて、ガラス越しでもその日に当たると気分が悪くなって吐きそうになる。他の何人かの子供達も具合が悪くなり、それに気付いた先生が、ぐったりした子供達を日の当たらない所に移動させていた。ということは幼児に1時間位説教していたのだろう。毎日でなかったかもしれない。ともかく、「良いことをした人は天国へ、悪いことをした人は地獄へ」と2枚の絵を見せて「さてあなたはどちらに行きますか?」とやられる。『もうここが十分地獄なんですけれど』と答えたかったものだ。

a0019212_0111945.jpg

 幼稚園は園舎も大きく2階建であった。2階には「ばら組」があった。わが家には2階がなかったせいか、2階に憧れていた。だから、年長組の部屋の中でも2階にある「ばら組」の部屋は私にとっては特別の場所だった。何度も階段を上がりかけては途中で慌てて降りてきた。度胸がなかったのだろう。「なぜ、用もないのに2階に行くのですか?」とにらみつけられて咎められたら‥‥と思うと怖かった。こんな具合に要らないことに特別憧れたり、気を回し過ぎて否定的になるところは拘われすぎのノイローゼの資質が現われている。
 それは立派な階段だったから、子供にとっては2段飛びやジャンケンで競争するゲーム等いろいろな遊びにもってこいの場所だった。でも幼稚園ではあの2階に通じる階段で遊ぶことは厳しく禁じられていた。だから私にとって尚のこと階段と階段の先にある「ばら組」は聖域のようなものになったのだ思う。1度だけ、「ばら組」へのお使いで階段をかけ上がりその戸を開けた時は嬉しかった。中にいる園児まで、特別な人達のように見えた。 

a0019212_1025233.jpg




 ある日幼稚園の広い庭を探険をしていて、マリア様の像が大きく中心に置かれた、湖風緑色の水を溜めた池のようなプールのような所に行き当たった。カトリックのマリア崇拝は、プロテスタントに殆ど無いものである。わが家は母方の祖父がカトリックである以外はプロテスタントだったので、カトリックのマリア崇拝には批判的だった。でもその大きな偶像には興奮してしまった。
a0019212_0102298.jpg



next 子供の時(4)聖マリアのその幼稚園その2へ
戻る 子供の時(2)音楽教室へ/







# by grpspica | 2005-01-08 10:45 | グループスピカ | Comments(0)