ペーパー版「海峡」の新スタイル
by grpspica
カレンダー
検索
メンバー
ノリコ:2000年セミリタイヤしたのにまだ現役の弁護士

モニカ:元ピアノ教師 得意分野はネットを駆使しての調査
 
マサコ:シャーマン 得意分野は音楽・文学・哲学少々

mari :お絵描き芸者 先祖は猫

ミクシのグールド&ナボコフコミュからお訪ね下さった皆様へ---
グールドと音楽に関するマサコの文章は、
my life with gg (グレン・グールド)
に移動しました。

ナボコフ関連のエッセイは、検索して下さると、出て来ます。

ブログの輪
musolog
AROMAISM〜アロマ主義
ややバッハ日記
☆ホメオパシ−と医学と私☆
弁護士村上秀樹のブログ
daisaku's view
津久井進の弁護士ノート
life あゆさんのブログ
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
カテゴリ
タグ
最新のコメント
記事ランキング
以前の記事

***************************
by grpspica | 2016-10-13 21:45 | グループスピカ | Comments(0)
2016年 10月 04日

グールド没後34年”I was born to love you” by Queen

a0019212_1762630.jpg

           写真はwikipedia掲載画像から photo by Manfred Heyde


グールド没後34年に捧げる歌です。

”I was born to love you” by Queen

I was born to love you
With every single beat of my heart
Yes, I was born to take care of you, ha
Every single day
Alright, hey hey
I was born to love you
With every single beat of my heart
Yes, I was born to take care of you
Every single day of my life
You are the one for me
I am the man for you
You we're made for me
You're my ecstasy
If I was given every opportunity
I'd kill for your love
So take a chance with me
Let me romance with you
I'm caught in a dream
And my dream's come true
So hard to believe
This is happening to me
An amazing feeling
Comin' through
I was born to love you
With every single beat of my heart
Yes, I was born to take care of you, honey
Every single day of my life
I wanna love you
I love every little thing about you
I wanna…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

http://lyrics.linkpalette.com/queen-lyrics-2.php
http://stimaro.blog35.fc2.com/blog-entry-20.html(同訳)

君を愛するためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬
君を守るためにぼくは生まれた
来る日も来る日もずっと・・・

君を愛するためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬
君を守るためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬

ぼくには君しかいない
ぼくは君のものだ
君はぼくのために生まれた
君はエクスタシーそのもの
君のためなら
どんなことも厭わない
賭けてみないか
ぼくとのロマンスに
夢の中に囚われて
その夢が今叶えられた
信じられない
これが現実だなんて
かつてない感動が
今訪れる

君を愛するためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬
君を守るために
ぼくは生まれた
来る日も来る日もずっと・・・

君を愛したい
どんな小さなことも
愛して、愛し抜きたい
君を愛するために
生まれてきたんだ
そうさ
君を愛するために
ぼくは生まれた
来る日も来る日もずっと
君を守るためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬

かつてない感動が
今訪れる
君を愛するためにぼくは生まれた
来る日も来る日もずっと
そうさ君を愛するためにぼくは生まれた
鼓動が刻む一瞬一瞬

君を愛している
そうさ君を愛するためにぼくは生まれた
そうさ君を愛するためにぼくは生まれた
愛したい、君を愛したい
君を愛したい
これは魔法
寂しくてたまらないんだ
愛して、愛し抜きたい
君の愛をぼくにおくれ




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

他の訳のあるページ 1

他の訳のあるページ 2

他の訳のあるページ 3






by grpspica | 2016-10-04 00:00 | memorial day | Comments(0)
2016年 09月 26日

グールドのお誕生日に by M&マサコ

a0019212_21435320.jpg


マサコのつぶやき

  今年は9月25日にたどり着くのが、 なかなかでした。
  もう1年という時の速さを感じなかったので。
  来年、贈る 歌の候補はその日のうちに見つかってしまいました。
  いつも思うのですけど 日本にグールドファンはいないような気がする。


Mさんからの返信。

  そんなことはありません。
  日本はグールドファン(およびフルトベングラーファン)が多い国です。
  世界中のグールドファンを繋げているメーリングリストですら、
  盛り上がりはイマイチです。

  今、漸くメールが入ってきました。

  "Discussion of the Canadian pianist Glenn Gould."

Hello y’all

It is that day of the year again. It was rather quiet in Gouldland and also on f_minor.....summer is almost over, rain and fog will creep into our minds soon. Time for reflections.

Glenn Gould would have celebrated his 84th today. I wonder what he would make of Youtube, music streaming services, the decline of the music industry and the re-invetion of the artist as a live musician and DIY operator or David Cope’s EMI software or how we consume music in general. But he will not, never again. Bloody flaming prescription pills.

I bring gifts anyway.
  Sokolov Bach The Art of Fugue BWV 1080

I have a feeling that this enigmatic old buzzard and Mr. Gould would have been on the same wavelenght for some reason. They don’t come off the factory floor like that anymore nowadays.....

Pat

  みんな、元気?

  また一年が巡ってきました。
  グールディアンもメーリングリストも静かでしたね。
  ようやく夏も終わり、雨や霧が迫ってきて、物を思い返す季節になりました。

  グールドの84回目の誕生日おめでとう。
  彼がyoutubeを見たら、いったいどう利用したでしょう! 
  音楽を垂れ流し、音楽産業を斜陽に導き、
  音楽芸術家を単なるライブ演奏家に作り変え、
  Do it youself 型で、デビット・コープが作ったEMIソフトのように、
  私たちと音楽の関係を一変させたyoutubeを見たら、
  彼ならどうしたでしょう。処方箋なんかないわよね。

  ともかく贈り物よ
  ソコロフのフーガの技法 BWV 1080

  ソコロフのオヤジ野郎とグールドって、
  何か波長が合ったんじゃないかって思うの。
  いずれにしても常人離れしているわ







by grpspica | 2016-09-26 19:06 | グループスピカ | Comments(0)
2016年 09月 25日

グールド生誕84年に寄せて byマサコ 



毎年、どんな詩を選ぶか、探すのが楽しみです。
今年は、ブロードウェイ・ミュージカルの「Funny Face」のために
ガーシュイン兄弟が作詞作曲した「 'S Wonderful 」の曲を捧げます。

歌はアニタ・オディで聞いてください。

詳しくはこのサイトで。
美術館巡りと古都散策、Jazz & Bossa など・・

オードリ・ヘップバーンも歌っています。
ラストシーンでは、オードリのスカート丈の短いウェディングドレスが素敵ですね。



   ~ 'S Wonderful ~

  words by Ira Gershwin
  music by George Gershwin 1927年

<歌詞>

 'S wonderful! 'S marvelous!
 You should care for me!
 'S awfully nice! 'S paradise!
 'S what I love to see!

 You've made my life so glamorous
 You can't blame me for feeling amorous.
 'S wonderful! 'S marvelous!
 That you should care for me!

 My dear, it's four-leaf clover time
 From now on my heart's working overtime.
 'S wonderful! 'S marvelous !
 That you should care for me!









〜〜〜〜〜〜〜







by grpspica | 2016-09-25 00:00 | Happy Birthday | Comments(0)
2016年 08月 09日

8月9日 長崎原爆の日に  byマサコ

グレン・グールドはメンデルスゾーンの無言歌から5曲を残しています。
op19-1 甘い思い出
op19-2 後 悔
op30-3 慰 め
op85-2 別 れ
op85-5 帰 還

あまりロマン派を演奏していないので、珍しい録音です。
その中から2曲、youtubeで見つけました。


Songs without words 1 (甘い思い出 op19-1)


Songs without words 2 (慰め op30-3)



そこの 大好きなグレーのシャツを着て ピアノを弾いてらっしゃる世にも可愛い坊やへ

お元気でいらっしゃいますか。
この世の中の有り様をどうご覧になっていらっしゃることでしょう。
アメリカが広島と長崎に原爆を落としてから71年経ちました。
こうやって退屈しのぎに勝手に喋ってるともしもあなたが生きてらっしゃったら、
お気に入りのファンのサイトに出かけて 長々とお話しなさったかもと 考えることがあります。

おかげさまで あなたの年より14年も長く 生き延びているようです。
昔はやけっぱちで 早く死にたいといつも思っていましたけど、
この頃は諦めたのか観念したのか、
そんなこと考えても無駄だとわかったように生きております。

あなたはこの世の中に生きてらっしゃるなくて良かったと思います。
それとも気を揉んでいらっしゃるでしょうか。

かつて動物の世界からも人間界からも 助けて助けての声を 聞いていらっしゃったと思います。
ご自分一人がのんびりと暮らせるようなタイプの方ではなかったですね。

もしも仮にですよ、あなたがここで私に乗り移って英語をしゃべり出して、
それがみんな横文字で出たらどうなる??  面白いことでしょうね

今日の原爆の日は どうか私と共に祈ってください。

永遠なるあなたのファンまこより



by grpspica | 2016-08-09 11:02 | 音楽・哲学・宗教 | Comments(0)
2016年 06月 18日

千のなでしこ GG生誕84年&没後34年にあたって byマサコ

a0019212_12371734.jpg

      wikipedia掲載画像 photo by Manfred Heyde


ピエール・ド・ロンサール「カサンドラへのソネット」第29番「千のなでしこ」 (壺齋散人訳)

  千のなでしこ 千のユリを抱きしめよう
  両腕をしっかりとからませながら
  蔓のツルが木の枝を
  抱きしめるよりもっと強く

  もう憂いに沈んだ顔は見せまい
  喜びにあふれた顔を見せよう
  日向よりも日陰を愛そう
  それもみな あなたを思ってのことなのだ

  あなたの後を追いかけて空を飛ぼう
  でもあなたの後姿がわたしの眼を欺き
  わたしの喜びを妨げることもある

  あなたはわたしの幸福のさなかで逃げていく
  虚空の中に消えていく稲妻のように
  風に吹き払われる雲のように

Si mille oeillets, si mille liz j'embrasse
Pierre de Ronsard

  Si mille oeillets, si mille liz j'embrasse,
  Entortillant mes bras tout a l'entour,
  Plus fort qu'un cep, qui d'un amoureux tour
  La branche aimee, en mille plis enlasse :

  Si le soucy ne jaunist plus ma face,
  Si le plaisir fait en moy son le jour,
  Si j'aime mieux les Ombres que le jour ,
  Songe divin, ce bien vient de ta grace.

  Suyvant ton vol je volerois aux cieux :
  Mais son portrait qui me trompe les yeux,
  Fraude tousjours ma joye entre-rompue.

  Puis tu me fuis au milieu de mon bien,
  Comme un eclair qui se finist en rien,
  Ou comme au vent s'evanouyt la nue.



by grpspica | 2016-06-18 21:34 | 音楽・哲学・宗教 | Comments(0)